MENU CLOSE

丸亀市を中心に中讃エリアの外壁塗装・屋根・雨漏りは絆にお任せ | 絆(プロタイムズ丸亀店・坂出店)

来店予約+見積り特典Quoカードプレゼント

0120-802-4278:30~18:30 年中無休

活動ブログ - 劣化症状 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 劣化症状

劣化症状の記事一覧

絆の日々の活動を見てください!

2023.11.15 更新

外壁塗装における高圧洗浄のよくあるトラブルと対策について

外壁塗装を検討している方にとって、工程で起こりうるトラブルは避けたい問題です。 この記事では、外壁塗装の重要な工程である高圧洗浄に焦点を当て、高圧洗浄の必要性とトラブルの事例、対処法について解説します。 □外壁塗装で高圧洗浄の必要性 *汚れとカビの除去 高圧洗浄は、外壁に付着したカビや汚れを効果的に除去する手段です。 これにより、新しい塗膜がしっかりと外壁に密着し、長持ちする基盤が作られます。 *耐久性の維持 外壁の塗膜は時間とともに劣化します。 高圧洗浄で古い塗膜や汚れを除去することで、新しい塗膜の耐久性が高まります。 *チョーキング現象の防止 チョーキング現象とは、外壁表面が粉状になる現象です。 高圧洗浄でこのような問題も解消できます。 □高圧洗浄によるトラブル事例と対処法 1.室内への水の浸入によるリスクと対策 高圧洗浄で最も一般的なトラブルは、室内に水が浸入するケースです。 この問題は主に二つの原因に起因します。 ・窓や扉の閉め忘れ(施主側の原因) 高圧洗浄は非常に強い水圧で行われるため、窓や扉が閉まっていないと、その隙間から水が侵入します。 換気扇の消し忘れも同様のトラブルを引き起こす可能性があります。 ・水圧調整ミス(業者側の原因) 水圧が不適切に調整されていると、特にサッシ周りやひび割れがある部分から水が侵入する可能性が高まります。 ・対処法 施主側の対策としては、水が浸入した場合は、すぐに作業を停止して施工業者に報告することが重要です。 また、高圧洗浄が始まる前に窓や扉、換気扇の状態を確認することで、事前にトラブルを防げます。 施工会社側の対策として作業前に外壁の状態をしっかりと確認し、水圧を適切に調整する必要があります。特にひび割れやサッシ周りは注意が必要です。 2.近隣トラブルの発生と予防 ・原因 高圧洗浄は、専用の機械を使用するため、エンジン音や水が噴き出す音、壁に当たる洗浄音などが発生します。 これが近隣住民からのクレームにつながる可能性があります。 ・対処法 工事前に近隣住民に挨拶をして、工事内容やスケジュールを説明することが理想的です。 もしクレームがきた場合は、速やかに謝罪と説明を行い、関係を修復することが重要です。 3.外壁の汚れが残る原因と解決策 ・原因 高圧洗浄の水圧が不足している場合や、作業者の技術不足によって、外壁の汚れが十分に落ちないことがあります。 これが塗装の仕上がりに悪影響を与える可能性があります。 ・対処法 高圧洗浄が終わっても外壁の汚れが落ちていないと感じた場合は、施工会社に確認することが重要です。 汚れや古い塗膜が残っている場合は、手作業での除去が必要です。 これにより、新しい塗膜がしっかりと密着し、長持ちする基盤が作られます。 以上が高圧洗浄によるトラブル事例とその対処法です。 これらのポイントをしっかりと押さえて、安全かつ効果的な外壁塗装を行いましょう。 □まとめ 外壁塗装の高圧洗浄は非常に重要な工程ですが、トラブルも起こり得ます。 この記事で紹介したポイントを押さえ、トラブルを未然に防ぐことが大切です。 外壁塗装を検討している方は、ぜひ参考にしてください。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

劣化症状お役立ち情報

2023.10.22 更新

窯業系サイディングの外壁を補修するための目安と方法について

外壁の老朽化が顕著になってきたが、補修タイミングが分からない方は少なくありません。今回は、窯業系サイディングの外壁に焦点を当て、塗装タイミングの見極め方や補修方法についてご紹介します。ぜひ、外壁工事を悩んでいる方はご一読してみてください。 □窯業系サイディングの外壁を塗装するタイミングとは 窯業系サイディングの外壁を塗装するタイミングは以下の3つの方法を用いて見定めましょう。 *耐久年数を目安 窯業系サイディングの耐久年数を目安に、塗装のタイミングを見極められます。窯業系サイディングの平均的な耐久年数は最大8年間のため、8年目になれば、塗装を検討してみても良いでしょう。 ただし、外部環境によっては、耐久年数よりも早い段階での塗装をしなければならないため、注意が必要です。 *劣化症状の確認 窯業系サイディングに生じている劣化症状を確認することで塗装すべきタイミングを見極めることが出来るでしょう。チョーキングや色あせ、カビの発生などさまざまな劣化症状があります。 もし、ご自身で塗装すべきタイミングが分からない場合、外壁塗装のプロに依頼しましょう。窯業系サイディングの状態を調査してもらうことで、正確に外壁の現状を把握し、塗装のタイミングが分かります。 外壁塗装の劣化症状の判断だけであれば、無料で対応してくれる塗装会社もあります。塗装のタイミングが判別付かないという方は、ぜひお願いしてみましょう。 □窯業系サイディングの外壁を補修する方法 窯業系サイディングの外壁を補修する方法は塗装だけではありません。外壁の状態によって補修方法を変えてみましょう。 1.外壁の汚れ、カビの発生 外壁に汚れやカビが発生している場合、外壁を洗ってみることをオススメします。柔らかいスポンジやブラシを活用して、軽く擦ってあげることが大切です。なぜなら、高圧洗浄機の活用は塗膜や表面を傷める可能性があるからです。 2.傷んでしまったコーキング 傷んでしまった既存のコーキングを取り除き、新しくコーキングを打ち替えることが大切です。コーキングの打ち替えと同時に外壁塗装を行う際は、塗料とコーキング剤の耐用年数は同等の方にしておくことで、将来的に外壁補修する際に同じタイミングで行えます。 3.塗膜が傷んでいる 塗膜が傷んでいる際は、外壁塗装を行うことをオススメします。 □まとめ 窯業系サイディングの外壁の塗装タイミングについてご理解いただけましたでしょうか。耐久年数や劣化症状に確認することで塗装のタイミングを見極めましょう。もし、ご自身で判別がつかない場合は、当社では一級塗装技能士を多数在籍しておりますので、ぜひお問い合わせください。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

外壁・屋根材劣化症状お役立ち情報

2023.10.12 更新

スレート屋根の剥がれを発見!屋根塗装における気をつけるべきポイント

スレート屋根の剥がれを発見した際に屋根の補修方法がさまざまあり、どれを選べば良いか迷った経験はありませんか。今回は、スレート屋根を補修するにはどの補修方法が良いのか、「塗装」「葺き替え」「カバー工法」についてご紹介します。また、屋根塗装における大切なことについてもご紹介します。本記事を参考にお客様の状況に合わせて適切な工法をお選びください。 □スレート屋根を補修するには? スレート屋根を補修する方法として、代表的な工法として「塗装」「葺き替え」「カバー工法」などがあります。それぞれについて見ていきましょう。 ・塗装による補修工事屋根全体を塗装する補修方法で、主に屋根の表面にあるコケや藻が発生している場合や築年数が7年から10年程度経過している場合に行われることが一般的です。また、塗装リフォームから7年から10年程度経っている、もしくは色褪せや塗装の剥がれがあるが、雨漏りや割れといった症状が発生していない場合でも塗装工事を行っているケースがよくあります。 ただし、築年数が20年以上経過してしまっている家の場合は、塗装による補修が行えない場合がありますので、他の補修工事を検討することをおすすめします。 ・カバー工法による補修工事カバー工法とは、古い屋根の上から新しい屋根材を被せる工法です。屋根全体にひび割れや破損が発生している場合によく使われます。葺き替えによる補修工事と比較して、コストが抑えられるだけでなく、工事期間が短いのが魅力です。 ただし、屋根の重量が重くなることで地震のような揺れに対して弱くなる可能性があり、対策を講じておく必要があります。 ・葺き替えによる補修工事葺き替えとは、古い屋根を全て新しい屋根に交換する工法です。築年数が20年以上で過去に塗装をしたことない場合や雨漏りが発生しており、屋根の下地まで影響を及ぼしている場合に有効な工法です。葺き替えによる補修工事の期間は、屋根の大きさや天候により変動するがおよそ2日から15日です。 □スレート屋根の塗装を行う上で下塗りは大切! スレート屋根の剥がれに対して適切な工法である屋根塗装について下塗りは非常に大切です。屋根は家全体の中で、最も紫外線や雨に当たります。そのため、下塗りが十分に行われていない状態で塗装をしたとしても、短期間で屋根塗装が剥がれてしまう場合も。屋根材の寿命を延ばすためには、塗料と屋根材自体を密着させる下塗りが非常に大切なのです。 □まとめ 屋根の補修方法として代表的な3つの工法についてご理解いただけましたか。それぞれの状況に応じて適切な工法を選ぶことが大切です。屋根の塗装が剥がれた際は、屋根材自体と塗料を密着させるために下塗りを行いましょう。当社では、塗料メーカーのマニュアルをしっかり講習した上で厳しい基準をクリアした職人がおりますので、高品質な屋根塗装を行えます。ぜひ屋根に関するお悩みがあれば、ご相談ください。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

劣化症状お役立ち情報

2023.10.08 更新

外壁のひび割れは放置してはダメ?コーキングの役割について

外壁のひび割れを放置していませんか。ひび割れを放置しておくと、住宅に悪影響を及ぼす可能性も。今回は、外壁のひび割れの補修方法として外壁コーキングの役割についてご紹介します。また、補修する際に、プロに依頼するのがDIYで行うのかという違いについてもご紹介します。 □外壁コーキングの役割 コーキング材は外壁材と外壁材の繋ぎ目に使われており、紫外線や雨水の影響により、日々劣化しています。コーキング材の劣化症状の代表例としてひび割れがあります。外壁コーキングのひび割れを放っておくと、雨水が浸入して雨漏りの原因にも。さらにひび割れが広がると、住宅の断熱材にカビが生えたり、骨組みが腐食したりします。このように外壁コーキングのひび割れは住宅に悪影響を与えるため、コーキング補修が必要です。 補修方法として、古いコーキング材を撤去して新しいコーキングを打ち込む工法と古いコーキング材の上から重ねて塗る工法の2種類があります。どちらの方法にも一長一短があるので、ひび割れを発見した際は、まずプロに頼ることをおすすめします。 □外壁のひび割れ修理について 外壁のひび割れの補修についてDIYで補修される方も増えてきています。そこで、DIYで補修する場合とプロに頼む場合の違いについて知っておきましょう。 *DIYで補修する場合 ヘアクラックと呼ばれる幅0.3mm以下のひび割れを補修する際は、ホームセンターで販売されている補修材で応急処置ができます。DIYで補修する際は、補修材とは別にマスキングや手袋を使用する場合があるので、用意しておきましょう。 *プロに依頼する場合 プロにひび割れを補修を依頼する際は施工技術の高さがあるため、小さなひび割れから大きなひび割れまで対応できます。腕の良いプロに頼むことで、数年間は安心して過ごせます。もちろん、プロに頼むことで費用はかかると感じられる方も多いですが、長期的に考えると、余計な出費を抑えられるかもしれません。 また、足場を必要とする高所作業を伴う補修もDIYだと事故のリスクが高まるため、プロに依頼しましょう。 □まとめ 今回は外壁コーキングの役割とプロに依頼した場合とDIYで補修を行う場合の違いについてご紹介しました。外壁コーキングをすることでひび割れから生じる雨漏りを防げます。 DIYで補修する場合とプロに依頼する場合、それぞれ一長一短があるためお客様の状況にあったやり方で進めていきましょう。当社では塗装業界唯一の国家資格である一級塗装技能技能士が多数在籍しておりますので、外壁に関するお悩みがあれば、ぜひご相談ください。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

劣化症状お役立ち情報

2023.09.26 更新

外壁塗装が必要な劣化症状について!主な劣化症状についてご紹介します

ひび割れのような小さな傷を見逃してはいけません。ひび割れは外壁が劣化しているサインだからです。外壁の劣化を見逃すと、今後住宅に悪影響を与える可能性も。本記事では、ひび割れだけでなく、外壁の主な劣化症状をご紹介します。また、これらの劣化症状に対して有効な補修方法の一つとして外壁塗装を取り上げます。 □外壁の主な劣化症状 外壁の主な劣化症状について知っておくことが大切です。これらの症状を放置しておくと、住宅に悪影響を及ぼす可能性も。 *チョーキング 外壁を触った時や寄りかかった時に、白くて細かな粉がついた経験はありませんか。これは、外壁塗装の劣化症状の一つであるチョーキングが発生している状態です。チョーキングが発生してしまうと、外壁の水はけが悪くなります。最悪の場合、チョーキングしている箇所をそのままにしておくと、カビやコケひび割れの原因につながります。 *塗膜の剥がれ 経年劣化や適切な塗替えが行われない場合、外壁と塗膜との接着が弱くなり、塗膜が剥がれてしまいます。塗膜の剥がれにより、外壁材がむき出しになり、直接雨や紫外線にあたります。ダメージを受けた外壁材はカビやコケにつながる場合がほとんどです。 *ひび割れ 外壁の経年劣化や施工不良などにより、よく起こる劣化症状としてひび割れがあります。ひび割れは見た目だけの問題に収まらず、雨水が浸水してしまい、雨漏りになる場合も。 □それぞれの劣化症状に対して外壁塗装は有効! 外壁の劣化症状についてご理解いただけましたでしょうか。外壁の劣化症状をそのままにしておくと、カビやコケ、雨漏りなど住宅にさまざまな悪影響を及ぼします。そこで、これらの劣化症状に対して有効な補修方法として外壁塗装があります。外壁塗装は、これらの劣化症状に対して塗装を行うことで、紫外線や雨から外壁を守ることができます。外壁塗装で劣化症状を補修し、お客様の愛着ある住宅に長く住み続けられるでしょう。 また、外壁塗装の魅力として、お好みの色で塗装することによりお住まいの見た目を美しくできるだけでなく、お客様好みの外壁に仕上がるでしょう。 □まとめ 外壁塗装が有効な劣化症状として「チョーキング」「塗膜の剥がれ」「ひび割れ」があります。これらの劣化症状を放置しておくと、雨漏りやカビ、コケにつながる可能性があるため、外壁塗装を早期に行いましょう。当社では外壁塗装におけるプロが多数在籍しておりますので、高品質な塗装工事が行えます。ぜひ外壁塗装で悩んだ際は、お気軽にご相談ください。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

劣化症状お役立ち情報

2023.08.10 更新

その屋根、塗り替えで大丈夫?屋根塗装ではなく葺き替えが必要な屋根のサイン

屋根に行う補修には2種類あります。「塗装」と「葺き替え」です。屋根の状態が悪い場合塗装では十分でなく、葺き替えが必要となる場合があります。 今回の記事では、塗装のサインと葺き替えのサインをそれぞれ紹介します。 □屋根塗装する前に知るべき!そもそも葺き替えとは? 塗装・葺き替えのサインを見る前に、葺き替えについて理解しておきましょう。 葺き替えとは、古い屋根をなくして新しい屋根にすることです。類語として、既存の屋根を新しい屋根で覆う「重ね葺き」というものもあります。また瓦の場合、既存の瓦を取り外して下地を補修、再びもとの瓦を設置するという「葺き直し」という手法もあります。 □この屋根塗り替え?葺き替え? では屋根の塗り替えや葺き替えはいつ行うべきなのでしょうか。塗料ごとに目安の年数はあるものの、耐用年数は周囲の環境に左右されるためあまり参考にできません。ここでは塗り替えや葺き替えのサインとなる兆候を紹介します。 1.塗装のツヤがない 「塗装してもらった当時はツヤがあったものの、時間が経って現在ではツヤがない」これは塗り替えの兆候と言えます。屋根の塗装には防水性を高めるという役割もあるため、状態が悪いと雨漏りにつながってしまうことも。さらに、雨漏りは家の寿命を縮めてしまいます。塗装のツヤがないと感じたら再塗装しましょう。 2.表面の塗膜がなくなっている ツヤがなくなっているのと同様、塗膜がなくなっているのも再塗装の兆候です。なお、塗膜の有無を判断するのは少し難しいかもしれません。違和感を感じたら、塗装会社に調査を依頼するのをおすすめします。 3.屋根にコケや藻が生えている コケは、塗膜のはがれた屋根に発生しやすいです。したがって補修が求められます。 また藻は毛細管現象により、雨漏りを引き起こすリスクがあります。こちらが発生した場合も、対応が必要です。 4.屋根材がひどく剥がれている こちらはとても分かりやすいですね。塗り替えでは間に合わないため、葺き替えが必要です。 5.雨漏りがしている 屋根材の損壊と同様、葺き替えが求められます。早急に対応しなければいけない最悪の症状です。 □まとめ 「塗装のツヤがなくなっている」、「表層の塗膜がなくなっている」、「屋根に苔や藻が生えている」。これらのケースに当てはまる場合、屋根の塗り替えが求められます。 一方「屋根材がひどく剥がれている」、「雨漏りがしている」のいずれかの場合は葺き替えが必要です。塗装では十分でないケースがあると知っておくことで、適切な対応が可能になるでしょう。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

劣化症状屋根リフォームお役立ち情報

2023.05.27 更新

外壁の防水は大丈夫?外壁塗装で防水性を高めるためのポイントをおさらい!

外壁にひびが入ったり、塗料が剥がれてきたりして、家の防水性を不安視されている方も多いことでしょう。外壁塗装を怠ることで、建物内部への雨水の侵入を許してしまう結果にもなりかねません。今回は、ご自身でできる家の防水チェックと防水性が気になる際におすすめの塗料も併せてご紹介します。  □外壁は防水できている?防水性をチェック ご自宅の外壁は防水できているのでしょうか。外壁の防水機能を目視でチェックしてみましょう。チョーキングは、手に白い粉がつく現象です。紫外線や雨によって、塗装の表面が劣化し、粉状になっている状態です。そのままにしておくと、外壁が水を弾かなくなり、雨水を吸収してしまうのです。0.3mm以上のひび割れがある場合も注意です。このひび割れから、建物内部に雨水が侵入し、建物の強度にも影響を与える可能性があるのです。シーリングの縮みや割れもチェックしておきましょう。サイディングの繫ぎ目にあるシーリングは、建物の動きに追従していまs。紫外線によってシーリング材が劣化してしまうと弾性が失われ、ひび割れが発生してしまいます。すると、隙間から雨水が建物に侵入してしまいます。塗装が剥がれている状態もチョーキングと同じく、雨水を吸収しやすい状態になっています。見つけたら早急に補修しましょう。  □防水塗料を使用するポイント 防水塗料とは、弾性が高く、伸縮性に優れている塗料のことです。そのため、防水塗料は外壁がひび割れても、ひび割れに追従するため、隙間ができづらく、水分が住宅内部に侵入するのを防いでくれます。防水塗料を使用する際の注意点は、基準塗布量を尊守することです。先ほども説明したように、防水塗料は伸縮性により雨水を防いでいます。そのため、一定の厚みがなければ、塗料も伸びてくれません。メーカーの規定に合った適切な量の塗料を塗ってもらいましょう。また、乾燥時間も守る必要があります。工程内2時間以上とされている場合は、同じ塗料を2回塗る際は、1回目を塗った後に2時間以上乾燥させて、2回目に塗る必要があります。工程間2時間以上とされている場合は、下塗りの後に2時間以上乾燥させて上塗りを塗る必要があります。乾燥時間を確認する際は塗装会社から工程表を出してもらい、確認すると良いでしょう。  □まとめ チョーキングやひび割れは雨漏りの危険サインです。見つけたら、早めに外壁を塗り直しましょう。その際、防水塗料の使用をおすすめします。防水塗料は、伸縮性によって外壁のひび割れに追従することで水の侵入を防ぐ塗料でした。ぜひ塗料選びの際に参考にしてみてくださいね。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

外壁・屋根材劣化症状

2023.02.27 更新

外壁のカビの見分け方は?カビができる原因についておさらい!

外壁のみでなく、あらゆる生活の場面でカビを見る機会があるのではないでしょうか。カビは生物であるため、人間の過ごしやすい環境下はカビにとっても適した環境なのです。特に外壁には、カビとの見分けがつきづらい汚れも付着するため、対処に困ることもあります。今回は、カビと間違えやすい汚れやカビの発生条件を解説します。  □外壁のカビと他の汚れとの見分け方 外壁に生えるカビは一見、苔やホコリに見えることもあります。苔との見分け方は、生えている場所です。苔は日当たりが悪く、ジメジメした場所を好みますが、カビは日当たりが良く、水分のある場所でも繁殖できます。そのため、日当たりが良い場所に緑の汚れを見つけたら、カビと考えてよいでしょう。苔はカビと同じ緑色をしており、湿気や水分を好んで繁殖する点も同じです。生えている場所の日当たりの良しあしは、苔とカビを見分けるポイントなのです。続いて、土やホコリとの見分け方です。排気ガスやホコリ、土が外壁に付着すると、次第に黒ずんだ見た目になります。カビや苔と違い、根を張ることはないため高圧洗浄機で比較的簡単に落とせます。ただし、汚れが付着した部分に水分が溜まってしまうと、苔やカビの原因となるため注意しましょう。  □外壁にカビが生える原因とは? カビが生える原因は、以下の4つです。1つ目は、カビの栄養があることです。カビにとっての栄養は汚れであり、外壁に付着したチリや汚れを栄養にして繁殖します。大まかにまとめると、カビは動物や植物、さらに塗装済みの塗料やプラスチックといった有機物を栄養にして生きています。特に、外壁付近で植物を栽培している場合は気をつけましょう。2つ目は、湿度と温度です。カビの繁殖に適した湿度は60パーセントで、さらに80パーセントを超えると繁殖のスピードが速くなります。温度は、25度~30度が適温とされていますが、さらに低い5度でも繁殖可能です。特に梅雨の時期は、カビが繁殖しやすい季節のため、一層気をつけましょう。3つ目は、酸素があることです。カビは人間と同様酸素がないと生きられません。食品包装に脱酸素剤が入っていたり、布団を圧縮し真空パックのようにして収納したりしますよね。これらは、食べ物や布団にカビが生えるのを防ぐためなのです。4つ目は、長い間放置されていることです。表面がザラザラした壁材や凸凹した壁材は、カビが付着しやすくなります。北側の壁は、日当たりが悪いことが多く、湿気が溜まりカビが生えやすくなります。発生条件がそろっている外壁、これらのようなカビの生えやすい状態の外壁でも、定期的な掃除やメンテナンスでカビを防げます。  □まとめ 今回は外壁の悩みの1つであるカビについて解説しました。発生条件に関しては、自力での対策が難しいですが、定期的な外壁の清掃とメンテンナンスでカビの繁殖を抑えられます。汚れをなるべく取り除くことがカビ対策の要です。今回の記事を参考にして、外壁にカビが生えないように対策をしてみてくださいね。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

外壁・屋根材劣化症状お役立ち情報

2023.02.23 更新

屋根に苔が生える原因とは?苔の発生は塗り直しのサイン!

気付いたら、屋根が緑になっていた時は、屋根の劣化を疑いましょう。屋根の見た目も悪くなるうえ、屋根表面の塗料が劣化することで、苔が生えやすくなるためです。また、苔が生えていることに気づいたらどうすれば良いのでしょうか。あわせて解説します。  □屋根に苔が生えるのはなぜ? 屋根に苔が生える原因は、環境と屋根の状態の2つです。まず、環境の条件は以下の通りです。・近辺に森がある・近辺に川がある・屋根の日当たりが悪い森では胞子が多く飛んでおり、川が近くあると湿気が高くなります。加えて、屋根の日当たりが悪いことで、水分が乾かず、湿気が溜まりやすくなります。これらの条件に1つでも当てはまれば、苔の繁殖しやすい環境下になるのです。環境は簡単に変えられません。そのため、屋根に苔が生えていないかこまめに確認しましょう。次に、屋根に問題があるパターンです。屋根材の防水効果が切れていると、水分が蒸発しにくく、常に湿った状態になるため、苔が生えやすくなります。表面がザラザラしている場合も、苔の胞子が付着しやすく、苔の繁殖につながります。また、屋根がスレート、セメントの屋根は、防水効果が切れると、水分を吸収するようになるため注意が必要です。  □屋根の苔は劣化のサイン? 屋根に苔が生えている場合は、屋根の劣化も原因の1つに考えられます。まずは、屋根塗装の会社へ屋根の状態を調査してもらいましょう。一般的には、塗料の剥がれや塗料の性能の低下によって、前述の「屋根がザラザラした状態」、「防水性の低下」の状態に陥ります。つまり、苔が生えているのを見つけた時点で、屋根の塗料の剥がれや塗料の性能が低下している可能性もあるのです。この解決法として、屋根塗装によるメンテナンスがおすすめです。塗装によるメンテンナンスで、屋根の状態を滑らかに整え、屋根の防水性を高めるのです。苔を防ぐ綺麗な塗装のポイントは、高圧洗浄やバイオ洗浄で苔をしっかり落とすことです。下地を綺麗にしておくと、塗料の密着性も上がり、耐用年数がぐっと上がります。今後も綺麗な屋根を保つためにも、しっかりと塗装してくれる会社を選びましょう。  □まとめ 今回は、屋根に苔が生える原因や解決策を解説しました。環境はもちろん、屋根の状態の劣化が進むことも苔が発生する原因です。こまめに屋根の状態を確認して、気になる点があれば早めに塗装会社へ相談、メンテナンスを依頼しましょう。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

劣化症状屋根リフォームお役立ち情報

2023.01.12 更新

サイディングのひび割れを放置するのは危ない?その理由や補修方法をおさらいします!

帰宅した時に外壁のひび割れが目につくとメンテナンスという言葉が頭をよぎります。もう新築とはいえない年数になってきた、そろそろメンテナンスするべきかとお悩みの方も多いことでしょう。特に外壁のひび割れは見た目以上のダメージになっていることもあります。今回はサイディングの外壁のひび割れを放置するリスクや補修方法についてご紹介します。  □放置は危ない?サイディングのひび割れを放置するリスクとは サイディング外壁のひび割れは見た目が悪いだけではありません。放置すると以下の症状の原因になります。・外壁下地が腐食する・雨漏り・カビ・サイディングボードが落下する・シロアリが発生するさらに寒冷な地域では、凍害が起きることがあります。凍害とは、サイディングのヒビから水分が浸入し、その水分が凍って体積が増えることで、氷がサイディングの内側から外壁を割ってしまうことです。ひび割れは大小多くのトラブルの原因になるため、見つけたら早めに対処することが肝心です。  □サイディングの症状別補修の方法は? サイディングの補修方法を知っておくことは重要です。自宅のひび割れに応じた対処法や塗装会社の提案が正しいか見極めて、塗装会社を選べるようにしましょう。サイディングのひび割れは大きく2種類あります。まず、シーリング材部分がひび割れてしまった場合です。実はサイディング外壁の中で初めに劣化が起こるのはシーリング部分です。サイディング外壁をチェックするときはシーリング部分も注意深く確認してみましょう。シーリングが剥がれ落ちていたり、ひび割れしている時は補修が必要のため、新しいシーリング材を打ち換えるなどして補修しましょう。予算は20万~50万円ほどが目安です。次にサイディングのひび割れです。サイディングは表面の塗膜が劣化することによりひび割れが生じます。劣化した表面から雨水が侵入し、夏の暑さや冬の凍結で収縮と膨張を繰り返すことでひび割れがおこるためです。こちらはひび割れ部分にシーリングを施すことで応急処置が可能です。予算は20万~40万円ほどを見積もっておくと良いでしょう。シーリングもサイディングも5年に1度を目安に補修しましょう。  □まとめ 今回はサイディングのひび割れを放置するリスクや補修方法を解説しました。前回のメンテナンスや家の年数を目安に外壁の状態をチェックして、いつまでも綺麗な住宅を保ちましょう。当社では外壁補修の相談も承っております。外壁の異変にお気づきの際はぜひお早めにご相談ください。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

外壁・屋根材劣化症状お役立ち情報

2022.10.17 更新

劣化診断|お問合せについて

最近も主に、丸亀市・善通寺市を中心に沢山のお家を工事させていただいております。今回は、簡単なお家の劣化診断とお問合せ方法について発信していきますので最後まで目を通していただければ幸いです。□劣化状況・診断が必要なサイン!?まず、お家の劣化についてお話していきます。外壁や屋根に気になっている箇所はあるがすぐに施工が必要なのか?築年数は経過しているが自分で見てもあまりわからない。そもそも塗装は何のためにするのか?そんな風に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そんな方に簡単な劣化症状をお伝えします。◎お家の外壁を触ると手に白い粉が付く ... ★★ 要調査◎外壁や屋根にコケ・藻が生えている ... ★★★ 補修が必要◎シーリング(目地)のひび割れ・やせ ... ★★★ 補修が必要◎トタンの壁や屋根に錆がでている ... ★★★★ 補修・塗装◎外壁にひび割れ(亀裂)がある ... ★★★★★ 早期に補修・塗装上記のような症状が出ている場合は診断時期のサインなのです(・・;)小さな劣化でも放っておくとどんどん悪化し気づいた時には、雨漏れや大掛かりな工事が必要になるケースも少なくありません。早期発見で大きな劣化を防ぐことが大切です!!!でも、診断や見積もりにお金はかかるの?あまり詳しくないためどの業者に頼めば良いのかわからない今すぐ工事は考えていないが見積もりを取れば後の営業が何度も来るかも...株式会社絆は、診断・見積もり無料(^^♪外壁や屋根は実際に雨漏れなどが起こらないと工事の必要を感じない方も多くいらっしゃいます。ですがそうなってしまう前にしっかり防水をして劣化を防ぐために塗装が必要なのです。なのでまずは、無料診断・無料見積もりを通じて大切なお家の状況を把握するきっかけ作りをお手伝いさせていただく事を目的とさせていただいております。そして私たちも、絆の対応やお仕事をみてもらう事が一番の宣伝だと考えております。診断・見積もりのご依頼をいただきましたら、お客様のご都合の良い日時に外壁診断士・外壁アドバイザーの資格を持つものが訪問し、的確に診断をした後お客様にわかりやすいよう丁寧に診断内容をご説明します。もちろんお客様ご自身の意思の尊重・各ご家庭のタイミングを大切にしたいので診断・見積もり後のしつこい営業などは一切行っておりません。安心して相談していただけたらと思います。□お問合せ方法について株式会社絆のお問い合わせ方法についてご紹介いたします。⓵当ホームページのお問合せフォーム欄⓶ホームページに記載のLINEのQRを追加してトークで簡単お問合せ③株式会社絆フリーダイヤル TEL 0120-802-427どの方法からでも簡単にお問合せいただけます。また、診断や見積もり依頼の他にお家の事でのご相談のみでも対応いたします。HPとLINEに関しましてはお問合せ確認次第、担当のものが迅速な対応を心掛けております。坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ最後まで読んでいただき誠にありがとうございます。引き続き株式会社絆をよろしくお願いいたします。 

続きはコチラ

お問い合わせ劣化症状お役立ち情報

2022.10.14 更新

外壁塗装の塗り替えはいつやるべき?タイミングを紹介します!

「マイホームを買ってから10円ほどが経ったけど、いつ外壁を塗装しようか」とお考えの方はいらっしゃるでしょうか。確かに外壁塗装はいつ行うべきかが分かりにくいです。そこで今回は、外壁塗装の塗り替えのタイミングについて紹介します。 □外壁塗装を行うおすすめのタイミングを紹介 現在日本の住宅では窯業系サイディングボードが多く使用されています。およそ80パーセントの住宅ではこの外壁材が使用されています。工場を出荷する段階で塗装を庫内、防水性が付与されています。しかし、その機能も5〜7年程度でなくなってしまいます。そのため、外壁塗装を行うタイミングとしておすすめなのは、築10年で1回目の塗装と言われています。塗装をするメリットとしては、美観性の向上と外壁の保護があります。外壁は毎日紫外線や雨風によってダメージを受けています。ダメージを受け続けていると、色あせや塗膜の汚れ、劣化が発生します。外壁塗装をすることによって劣化した状態の塗膜を新しくできます。新築時とは異なる色にすることでイメージを一新することもできますよ。また、紫外線や雨風などの外的要因から外壁を守るという役割も重要です。塗装をして建物の耐久性を高めることで住宅を守れます。 □塗り替えが必要な時期を逃すと起きる問題とは もし塗り替えをしないとどうなるのでしょうか。ここでは塗り替えが必要な時期を逃した場合の問題について紹介します。1つ目は、見た目が悪くなることです。外壁が汚れたり劣化したりした状態でそのまま放置しておくと、住宅の見た目はどんどん悪くなっていきます。外壁が汚れても気にしないんという方もいらっしゃるでしょう。しかし、外壁に起きる問題というのは見た目だけではありません。2つ目は、外壁自体が劣化することです。見た目以外にも外壁そのものが劣化してしまうという問題も発生します。外壁はそれ自体に防水性がないことが多いです。塗装は外壁の防水性を高めたり、建物自体を保護したりすることが主な役割なのです。3つ目は、雨漏りが発生することです。塗装をしないまま防水性が低下していくと、外壁が直接紫外線や雨風のダメージを受けることになります。その結果として、雨漏りが発生することがあります。こうなると塗装をするよりも高額の修理費用がかかってしまうでしょう。こうした問題を回避するためにも定期的な外壁塗装が必要なのです。 □まとめ 今回は、外壁塗装の塗り替えのタイミングについて紹介しました。外壁塗装を行うべきタイミングと塗装をしないことによって起きる問題についてご理解いただけたかと思います。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

外壁・屋根材劣化症状

代表からのメッセージ

株式会社絆

代表取締役脇 歩実

劣化症状での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社絆にご相談ください!

ホームページを見てくださりありがとうございます。
株式会社絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。その中でも外壁屋根塗装に特化した会社です。

「絆さんに頼んでよかった」「いい工事が出来た」と工事が終わった後お客様からお声をかけてもらえる事にすごくやりがいを感じています。

施工した物件の近くをたまたまに通った時に綺麗なままのお家や建物を見ると嬉しく感じ工事をした当時を思い出し励みになります。
私自身生まれ育ったお家が綺麗になり感動した1人です。「家が息を吹き返したみたい」と母がすごく喜んでくれた事を鮮明に覚えてます。
その感動を施工を通じてお客様に届けたいと言う気持ちでお仕事させてもらってます。

・今から住み続けるお家をきれいに長持ちさせたい。
・だいぶ古くなり傷んだのできれいにしたい。
・次の世代に残してあげたい。
等お客様の「想い」に全力で応え地域の皆様と信頼関係を築き末永くお付き合いさせ頂けたらと思います。まずは相談、診断、見積もりと言った無料のお仕事から絆のお仕事、人柄や態度等を見てもらえれば幸いです。

社員一同今の現状に満足せず成長、進化し更に良いサービスを提供出来る様精進して参りますので今後ともよろしくお願いします。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    〒763-0093 香川県丸亀市郡家町3424
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 8:30~18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    〒762-0006 香川県坂出市旭町3丁目7-8
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 9:30〜18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 高松本社・お客様センター

    • 高松本社・お客様センター
    • 高松本社・お客様センター
    高松本社・お客様センター アクセスマップ
    高松本社・お客様センター

    〒760-0023 高松市寿町2-2-10プライムビル 4F

    ショールームについて詳しくはコチラ

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
香川県丸亀市・坂出市・善通寺市を中心に地域密着対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

丸亀市・坂出市・善通寺市・まんのう町・琴平町・宇多津町・多度津町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 絆が選ばれる5つの理由
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • 絆の無料建物診断・お見積り

地域密着の外壁屋根専門店です

絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-802-427電話受付時間 8:30~18:30 年中無休

現場ブログ

スタッフ紹介

丸亀市・坂出市・善通寺市の
塗装は私達にお任せ下さい!