MENU CLOSE

丸亀市を中心に中讃エリアの外壁塗装・屋根・雨漏りは絆にお任せ | 絆(プロタイムズ丸亀店・坂出店)

来店予約+見積り特典Quoカードプレゼント

0120-802-4278:30~18:30 年中無休

活動ブログ - 塗料 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 塗料

塗料の記事一覧

絆の日々の活動を見てください!

2023.12.14 更新

絆の塗料売れ筋ランキング【屋根】

□外壁・屋根塗料売れ筋ランキング今回は、前回の記事【プロタイムズ丸亀店】【プロタイムズ坂出店】塗料売れ筋ランキングの屋根塗料版について紹介していきます。※外壁塗料ランキングについては12月13日の記事をご覧ください。『屋根塗料売れ筋ランキング』【1位】超低汚染リファイン500MF⁻IR≪水性形二液屋根用低汚染遮熱無機成分配合フッ素系上塗材≫◆対応素材カラー鋼板・ガルバリウム鋼板・ステンレス・塩ビ鋼板セメント瓦・モニエル瓦・カラーベスト・波形スレート(屋根)アスファルトシングル・アルミニウム・各種旧塗膜◆特徴・超低汚染性独自の無機成分配合技術により緻密で強靭な塗膜を形成。汚れの付着・定着を抑え、長期間にわたり美観を維持。・高耐候性劣化要因に耐性を発揮する独自技術により高耐候性を発揮。紫外線・雨による影響を受けにくく、建物を長期間保護します。・遮熱性遮熱効果の高い特殊遮熱無機顔料を採用。近赤外線を効果的に反射し、塗膜表面の温度上昇を抑える。・遮熱保持性熱吸収の要因となる〝汚れ〟が塗膜に付着・定着しにくいため汚れによる熱の吸収を抑制。長く遮熱効果を発揮し続ける。◆耐用年数促進耐候性試験(キセノンランプ式)において約20年~24年相当【2位】スーパーシャネツサーモF≪弱溶剤形二液屋根用遮熱フッ素系上塗材≫◆対応素材セメント瓦・カラーベスト・波形スレート(屋根)・モニエル瓦金属屋根(カラー鋼板・ガルバリウム鋼板・ステンレス)・各種旧塗膜◆特徴・遮熱性促進耐候性試験(スーパーUV)の結果、チタン複合特殊無機顔料(黒色)をスーパーシャネツシリーズは、従来の黒色遮熱顔料を使用した場合よりも光沢保持率が高く、耐候性に優れている。・遮熱性通常屋根色として人気のある「黒」や「紺」「緑」などの明度の低い色は赤外線を多く吸収し、温度上昇しやすいのが特徴です。チタン複合特殊無機顔料は通常の低明度の色に使用されるカーボンブラックなどの顔料よりも近赤外線を効果的に反射し温度上昇を抑えます。・変退色防止性一般的な遮熱顔料は有機顔料を混色して、色を作ります。屋根色の変化の多くは、この有機顔料が紫外線により破壊されることにより起こります。チタン複合特殊顔料は紫外線による影響を受けにくく、屋色の変化が起こりにくいのが特徴です。◆耐用年数促進耐候性試験(キセノンランプ式)において約16~20年相当【3位】スーパーシャネツサーモSi≪弱溶剤形二液屋根用遮熱シリコン系上塗材≫◆対応素材セメント瓦・カラーベスト・波形スレート(屋根)・モニエル瓦金属屋根(カラー鋼板・ガルバリウム鋼板・ステンレス)・各種旧塗膜◆特徴1位のスーパーシャネツサーモFと同様◆耐用年数促進耐候性試験(キセノンランプ式)において約13年~16年相当上記が株式会社絆【プロタイムズ丸亀店】【プロタイムズ坂出店】においてお客様が施工の時に多く選ばれる屋根塗料です。選ぶときのポイントとしましては・屋根は臭いの影響を受けないので油性(弱溶剤)を選ばれる方も多い・屋根は遮熱機能が付与している塗料を選ぶ人が95%◎塗料は種類が豊富で塗料によって機能や金額も違うので金額重視の方や耐用年数を重要する方など様々ですがお客様のご要望に見合った塗料をご提案させていただきます.   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ記事担当〈丸亀ショールーム:店長:柴垣〉

続きはコチラ

塗料スタッフブログ紹介

2023.12.13 更新

絆の塗料売れ筋ランキング【外壁】

□外壁・屋根塗料人気塗料ランキング今回は株式会社絆【プロタイムズ丸亀店】【プロタイムズ坂出店】塗料売れ筋ランキングについて紹介していこうと思います。と言っても外壁塗装と屋根塗装では使用する材料が違うので外壁塗料と屋根塗料に分けて紹介いたします。※今日は外壁塗料の方について書いてあるので屋根塗料については次回の記事でご覧ください。『外壁塗料売れ筋ランキング』【1位】超低汚染リファイン1000MF⁻IR≪水性形二液外壁用低汚染遮熱無機成分配合フッ素系上塗材≫◆対応素材窯業系サイディング・モルタル・ALC・コンクリート金属サイディング・波形スレート・各種旧塗膜◆特徴・超低汚染性独自の無機成分配合技術により緻密で強靭な塗膜を形成。汚れの付着・定着を抑え、長期間にわたり美観を維持。・高耐候性劣化要因に耐性を発揮する独自技術により高耐候性を発揮。紫外線・雨による影響を受けにくく、建物を長期間保護します。・遮熱性遮熱効果の高い特殊遮熱無機顔料を採用。近赤外線を効果的に反射し、塗膜表面の温度上昇を抑える。・遮熱保持性熱吸収の要因となる〝汚れ〟が塗膜に付着・定着しにくいため汚れによる熱の吸収を抑制。長く遮熱効果を発揮し続ける。◆耐用年数促進耐候性試験(キセノンランプ式)において約20年~24年相当【2位】超低汚染リファイン1000Si⁻IR≪水性形二液外壁用低汚染遮熱シリコン系上塗材≫◆対応素材窯業系サイディング・モルタル・ALC・コンクリート金属サイディング・波形スレート・各種旧塗膜◆特徴1位の超低汚染リファイン1000MF⁻IRと同様◆耐用年数促進耐候性試験(キセノンランプ式)において約15年~18年相当【3位】フッ素REVO1000⁻IR≪水性形一液外壁用遮熱フッ素系上塗材≫◆対応素材窯業系サイディング・モルタル・ALC・コンクリート金属サイディング・波形スレート・各種旧塗膜◆特徴・高耐候性劣化に強いフッ素樹脂により高耐候性を実現建物を長期にわたって保護・低汚染性フッ素REVO1000⁻IRの塗膜表面は強靭性を有ししているため塗膜表面に汚れが付着しにくく、建物の美観を維持します。・遮熱性日射反射率が高く、熱を吸収しにくい「チタン複合遮熱無機顔料」を使用近赤外線を効果的に反射する塗膜を形成し室内の温度上昇を抑制。◆耐用年数促進耐候性試験(キセノンランプ式)において約16年~20年相当 上記が株式会社絆【プロタイムズ丸亀店】【プロタイムズ坂出店】においてお客様が施工の時に多く選ばれる外壁塗料です。沢山種類のある塗料の中で選ぶときのポイントとしましては◎外壁はシンナーの臭いがする溶剤(油性)より臭いが少ない水性塗料を選ばれる方が多いです。◎金額重視の方や耐用年数を重要する方など様々ですがお客様のご要望に見合った塗料をご提案させていただきます。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ記事担当〈プロタイムズ丸亀店:店長:柴垣〉  

続きはコチラ

塗料スタッフブログ紹介

2023.12.12 更新

弾性防水塗料の完全ガイド!工法からメリットまでご紹介!

家の外壁塗装を検討中の方々、特に防水性や耐久性に焦点を当てている皆様、必見です。この記事では、弾性防水塗料のさまざまな工法とメリットについて解説します。防水性と耐久性を兼ね備えた塗料を選びたいけれど、メリットがあまり分からない方には、特におすすめの内容です。 □弾性防水塗料の工法とその特性 弾性防水塗料の仕上げ工法には複数の種類があり、それぞれ防水性や耐久性に違いがあります。 1.複層弾性塗料仕上げ工法 この工法は、下塗りを1回、中塗りを2回、上塗りを2回の合計5回塗りの工程で仕上げられます。下塗りでシーラー、中塗りで複層弾性塗料を使用し、上塗りはシリコンやフッ素など多様な塗料の組み合わせが可能です。塗膜が厚くなるため、防水性が最も高いとされていますが、その反面、手間や材料費が増加し、施工費用も高くなります。 2.単層弾性塗料仕上げ工法 この工法は3回塗りで、下塗りにシーラーを施し、中塗りと上塗りで弾性塗料を使用します。上塗りで弾性塗料を2回施すことで、塗膜に厚みを持たせ、防水性を高めます。複層弾性塗料仕上げ工法に比べて防水性は落ちますが、工程や材料費が少なく済むため、費用面での負担が軽減されます。 3.微弾性塗料と上塗り仕上げ工法 この工法も3回塗りで、下塗りに微弾性フィラーを使用し、中塗りと上塗りは硬質塗料を施します。下塗りに微弾性フィラーを用いることで、伸縮性と厚みを持たせます。上塗り塗料はシリコンやフッ素など、自由に選べるため、多様なニーズに対応可能です。 □弾性防水塗料のメリットをご紹介! 弾性防水塗料には多くのメリットがありますが、注意点も存在します。 *塗膜がひび割れにくい 弾性塗料は塗膜が伸縮する性質を持っているため、ひび割れが少なく、外壁の美観を保ちます。ひび割れが少ないことは、それだけ家全体の耐久性も高まるため、非常に価値があります。 *防水性が高い 弾性塗料は外壁に密着する性質があり、その密着性が高いために雨水の浸入を防ぎます。特に、厚めに塗ることが多いので、その分防水性が高まるとされています。 *モルタル外壁の劣化を防ぐ モルタル外壁はひび割れが起きやすいため、弾性塗料との相性が良いとされています。ひび割れからくる雨水の浸入や、その後の建材へのダメージを最小限に抑えられます。 □まとめ 弾性防水塗料は、その多様な工法と高い防水性、耐久性により、多くの人々に選ばれています。 しかし、それぞれの工法や塗料にはメリットとデメリット、それに伴うコストが存在します。この記事を参考に、自分のニーズに最も適した弾性防水塗料を選んで、長持ちする美しい外壁を手に入れてください。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料お役立ち情報

2023.12.04 更新

シリコン樹脂塗料とはどんなものか徹底解説!

家の塗り替えを考えている家庭主や、塗料についての知識が乏しい方は多くいらっしゃいます。そこで今回は、シリコン樹脂塗料について、その特性から日常での用途、選び方までを網羅的に解説します。この記事を通して、購入や使用に際しての不安や疑問を解消し、より明確な選択ができるようになりましょう。 □シリコン樹脂塗料の基本とは? 1.成分と特性シリコン樹脂塗料は、アクリルとシリコン樹脂が組み合わさった塗料であり、正式にはアクリルシリコンと呼ばれます。この塗料は、ケイ素を核としたシロキサン結合を持つ無機化合物で、極めて安定した性質があります。しかし、シリコンの含有量によって性能が変わるため、選ぶ際には注意が必要です。 2.主な用途シリコン樹脂塗料は、戸建て住宅の塗り替えに最もよく用いられます。その他にも、シーリング材や建設用保護材としての用途も広がっています。さらには、医療用カテーテルや化粧品にも使用されていて、多様な場面でその力を発揮しています。 3.種類と選び方シリコン樹脂塗料は「水性と溶剤」「1液型と2液型」に大別されます。水性塗料は環境に優しく、近年では耐久性も向上しています。1液型と2液型の違いは、塗料のグレードであり、2液型は高価ですが、その分性能が高く、耐久性にも優れています。 4.コスト一般的には、戸建て300平方メートル以下の塗装で、中塗り、上塗りの2回塗り仕上げで、材料と施工費を合わせて1平方メートルあたり1,800円前後が標準的な単価です。しかし、素材によっては単価が異なる場合もありますので、事前にしっかりと調査することが重要です。 □シリコン樹脂塗料のメリットとは? 1.耐久性シリコン樹脂塗料は、耐熱性、耐水性、対候性といった三つの耐久性を兼ね備えています。これにより、外壁の劣化を最小限に抑え、高い耐候性を発揮します。 2.美観シリコン樹脂塗料は、光沢とツヤがあり、汚れにくい性質があります。セラミック成分が配合されており、さらに保護材を塗布することで、泥や雨水を弾く効果もあります。 3.メンテナンスこの塗料は耐久性が高いため、再塗装のスパンを長くとることが可能です。結果として、メンテナンスコストを削減できます。 4.商品の多様性シリコン樹脂塗料は人気が高く、多くのメーカーが商品開発に力を入れています。そのため、豊富なカラーバリエーションや価格レンジ、性能などから、自分に合った商品を選べます。 □まとめ シリコン樹脂塗料は、その多様な用途と優れた特性から、多くの場面で活躍しています。耐久性、美観、メンテナンスの容易さなど、多くのメリットを持つこの塗料は、家の塗り替えや新築、さまざまなプロジェクトでの活用を考える際に、一考に値する選択肢となるでしょう。しかし、その選び方やコストには注意が必要です。この記事を参考に、最適なシリコン樹脂塗料を選び、理想の家づくりを実現しましょう。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料お役立ち情報

2023.11.26 更新

アクリル樹脂塗装とはどんなもの?その基本からメリットまでご紹介!

家の塗装を考慮中の個人住宅所有者にとって、長持ちとコストパフォーマンスは重要な要素です。アクリル樹脂塗装は、その両方を兼ね備えた選択肢として注目されています。 この記事では、アクリル樹脂塗装の基本的な情報から実用的なメリットまで、多角的に解説します。ぜひこの記事を参考にして、賢い選択をするための情報を手に入れてください。 □アクリル樹脂塗装の基本とは? 1.アクリル樹脂の成分塗料は顔料、樹脂、添加剤の三つの要素から成り立っています。特に「樹脂」は、塗装効果を長持ちさせる主要な成分です。アクリル樹脂は、この樹脂部分において、特に優れた性質を持っています。 2.アクリルシリコン樹脂の特性アクリル樹脂とウレタン樹脂の長所をあわせ持つ樹脂として、「アクリルシリコン樹脂」が存在します。この樹脂は、個人住宅で使用される塗料の約7~8割程度のシェアを占めています。その理由は、アクリルシリコン樹脂には特筆すべきメリットが多いからです。 3.長持ちするアクリルシリコン樹脂塗料は、一般的な塗料よりも寿命が長いとされています。12~15年の持続性があるため、何度も塗りなおす手間や費用を節約できます。防カビ効果や防熱効果も同様に、長続きすることが期待されます。 4.費用対効果アクリルシリコン樹脂塗料は価格が高いものの、その寿命の長さから見れば費用対効果が高いといえます。初期投資は大きくなりますが、長い目で見ればお得な選択となります。 □アクリル樹脂塗料のメリットをご紹介! *商品の多様性 アクリル塗料は、発色が良く、カラーバリエーションが豊富です。多くの商品が存在するため、自分の好みに合った色を見つけやすいことも、アクリル塗料のメリットの一つです。 *扱いやすさ アクリル塗料の多くは1液型で、水や溶剤で簡単に溶かせるため、扱いやすさに優れています。そのため、施工時の失敗が少なく、安心して工事を任せられます。 *施工費用の低さ アクリル塗料は、ウレタンやシリコンと比べて施工費用が安いことが特徴です。そのため、コストを抑えたい場合には、アクリル塗料が良い選択となります。 □まとめ アクリル樹脂塗装は、多角的なメリットを持つ塗装方法です。基本的な成分から特性、そして具体的なメリットまで、この記事で解説しました。長持ちとコストパフォーマンスを重視する個人住宅所有者にとって、アクリル樹脂塗装は賢い選択となるでしょう。購入前の疑問や不安を解消し、理想的な塗装を実現してください。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料お役立ち情報

2023.08.12 更新

屋根塗装におすすめのシリコン塗料!その耐用年数とは?

屋根塗装によく使われるシリコン塗料ですが、どのような特徴があるかご存じですか。再塗装される方は、特徴の中でも「耐用年数」を知っておくことが大切です。今回の記事では、シリコン塗料のメリット・デメリットや耐用年数を紹介していきます。 □シリコン塗料とは?そのメリットデメリットをご紹介! シリコン塗料とは、シロキサン結合を含む塗料です。そしてシロキサン結合とはケイ素原子と酸素原子の結合で、非常に強く結合しています。 *メリット 1.耐久性が高い シロキサン結合の強さにより、シリコン塗料は高い耐久性を誇っています。具体的には紫外線による影響を受けにくく、耐熱性も持ち合わせています。 耐用年数は10~13年ほどで、長くもなく短くもないといった印象です。なお、高耐久シリコン塗料であれば、15年ほどの耐用年数を誇ります。 2.汚れが付きにくい 汚れが付きにくいのもシリコン塗料の魅力。塗料の中に含まれるシロキサン結合の親水性により汚れが落ちにくくなっているのです。この効果はセルフクリーニング効果と呼ばれ、シリコン塗料の性能の高さに一役買っています。 *デメリット 一方シリコン塗料は硬いからこそ、ひび割れを起こしやすくなっています。また耐用年数が長いわけではなく、長期的な視点で見るとコスパは低いと言えます。 □シリコン塗料での屋根塗装耐用年数についてご紹介! 一般に、屋根の塗装は外壁の塗装よりも劣化しやすいです。なぜなら、外壁に比べ風雨や紫外線にたくさんさらされるからです。そして気づいたら、雨漏りが発生してしまうということも。 そこで重要となってくるのが、定期的に塗装の状態を確かめることです。とはいってもあなた自身で塗装の状態を確認することは難しいため、塗装会社の方に依頼して検査してもらう必要があります。 そのために必要なのが、前回の塗り替えからどれくらい経ったか把握しておくこと。塗料の耐用年数と合わせて考慮することが大切です。 では、一般的な塗料の耐用年数を比較してみましょう。 ・アクリル塗料:5~7年・シリコン塗料:10~13年・フッ素:15~20年・無機:20年~ このように、シリコン塗料は中間くらいの耐用年数と言えます。 □まとめ シリコン塗料は価格と性能のバランスが良い塗料です。耐候性・耐火性が高いこと、耐用年数が10~13年ということ、一方ひび割れやすいということをおさえておきましょう。 また外壁塗装では、定期的に状態を確認することが大切です。使用した塗料の耐用年数と、前回の塗装からどれくらい経ったかについては把握しておきましょう。   坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料お役立ち情報

2023.07.09 更新

外壁を2色で塗り分けたい方へ、そのパターンとポイントを解説します!

お家の外壁はお家の顔です。外壁が綺麗だと「おしゃれなお家だな」と感じますよね。おしゃれなお家の外壁がおしゃれに見えるのは、ただ汚れや劣化がないからだけでなく、配色にも工夫がされているからであることをご存じでしょうか。今回は外壁の色を2色以上で塗り分ける場合のおすすめのパターンと抑えるべきポイントをご紹介します。  □外壁を2色で塗り分けるパターン4選 外壁を複数の色で塗り分けると、とてもおしゃれに見えます。ただし、色の組み合わせが良くてもその塗り方で印象が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。そこで、以下の4つの塗り分けパターンを採用して失敗を回避しましょう。・上下で水平に分割最も一般的なパターンが1階と2階の境界で色を分ける方法です。下に濃い色、上に薄い色を塗ると落ち着いた雰囲気になります。・縦に分けるスマートな印象にしたい場合は、壁に縦のラインを垂直に入れて色を分けると良いでしょう。濃い目の色のライン上に窓を設置すると、外から見たときに窓が目立ちません。・出っ張りで分けるバルコニーやベランダ、玄関などの出っ張っている場所を全体よりも暗い色で塗ると、モダンな雰囲気が出ます。このような塗り方をすると全体が立体的に見え、お家を大きく見せることもできます。・アクセントカラーとして色分けする2色の内1色をアクセントカラーとして一部に用いるとベースカラーが引き立てられます。もし、お気に入りの色があるのであれば、その色をより引き立てるために明度の異なる色をアクセントカラーとして使ってみると良いかもしれません。  □外壁の塗り分けを制する3つのポイント 外壁の塗装に複数色使う場合は、抑えておくべきポイントがあります。まず、家全体のまとまりをよくするために、屋根や雨どいの色も含めて3~4色になるようにしましょう。そのため、屋根や玄関、窓枠などの付帯物の色を統一させると外壁に使える色の数を増やすことができます。2点目は必ず1色は淡い色を入れることです。2色とも同じくらいの暗さだと、その境界線があいまいになり、まとまりが悪くなったりしてしまいます。淡い色を入れることで境界をはっきりさせ、明るい印象にできます。3つ目は配色のバランスを考えることです。もし全ての色を均等な面積で塗ってしまうと逆にバランスが悪く見えてしまいます。そこでメインカラー、アソートカラー、アクセントカラーが7:2:1の黄金比率になるようにしましょう。ベースカラーはお家のメインの色となるものです。アソートカラーはベースカラーを引き立てる色、アクセントカラーは濃い色が選ばれることが多く、全体の色を引き締める効果があります。  □まとめ 今回は、外壁をおしゃれに見せるために色の塗り方や配色パターンをご紹介しました。配色のパターンを変えるだけでお家の印象がガラッと変わるので、ぜひお気に入りの色とパターンで外壁を塗り替えてみてはいかがでしょうか。当社は外壁や屋根を専門としたリフォーム会社です。その中でも塗装に特化しているため、施工事例も多数ございます。外壁塗装に少しでもご興味があればお気軽にご相談ください。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料お役立ち情報

2023.07.01 更新

三分艶の艶消し塗料がおすすめって本当?艶消し塗料塗り方のポイントをご紹介!

外壁塗料にはさまざまな種類の色、質感、機能があります。その中でも今回注目するのは質感です。艶があるとキラキラと光を反射して綺麗ですが、艶のないマットな質感もおしゃれですよね。特に和風のお家にはマットな質感の外壁がとてもマッチします。艶消し塗料と艶消しをする時のポイントを押さえて、ぜひご自宅の外壁の塗り替えの際の参考にしてください。  □艶消し塗料とは?おすすめは3分艶? マットな質感にはその度合いによって艶あり、7分艶、5分艶、3分艶、艶なしの5種類に分けられます。それぞれ7分艶は艶を30パーセント、5分艶は50パーセント、3分艶は70パーセント、艶なしは100パーセントの艶をカットしたものです。艶をなくすには、塗料に艶消し剤の量を調節しながら混ぜます。このように艶消し剤が入った塗料を艶消し塗料と呼びます。艶の程度によって光を反射した時のまぶしさ、つまり反射光の強さが変わります。塗装した外壁に差し込む光の強さを100とした時の反射する光の強さは、艶ありが70以上、7分艶が70前後、5分艶が35前後、3分艶が15前後、そして艶なしが5以下です。艶の度合いはお好みですが、3分艶はかなりマットな質感なので、品のある高級感があって特におすすめです。艶消し剤は混ぜる量が多いほど塗料自体の耐久性を損ねてしまうという側面があります。しかし、1回目の塗装で耐久性の高い艶ありの塗料を塗り、その上から艶消し塗料を塗ることで耐久性を補うことができます。  □艶消し塗料、塗り方のポイントをご紹介! 艶消し塗装を失敗しないためには以下の4つに注意しましょう。・艶消し剤の上限を確認塗料の種類によって艶消し剤を混ぜられる量の上限が異なります。使用する塗料にどれだけの艶消し剤が入れられるのか確認しましょう。・艶の言い方の違い塗装会社によっては艶の言い方が違う可能性があります。一般的に3分艶は70パーセントの艶を消すことを意味していますが、リフォーム会社や塗装会社によっては30パーセントの艶消しを行うことと解釈する場合があるので注意しましょう。・必ずサンプルを確認艶の度合いは実際に目で見てみないと分かりませんよね。色を選ぶ時も同じですが、実際の艶を見たい時には塗装会社にA4判ほどの大きさの塗板を何パターンか作ってもらって、一番しっくりくるものを選ぶと良いでしょう。外壁屋根専門のリフォーム会社である当社でも、ご希望の塗装のイメージや塗り替えたい範囲について丁寧にヒアリングを行い、それを基に塗装のデザインをご提案いたします。・仕上がりをイメージサンプルで見ていた艶の度合いと実際の仕上がりのイメージには差がある場合があります。これは、太陽の光が塗装箇所に当たることで、サンプルで見るよりも光をよく反射して艶が出るためです。そのため、艶を決める際は、建物全体に塗るとより艶が出るということを考慮するようにしましょう。  □まとめ 艶は光の反射度合いによって5種類に分けられます。その中でも特に高級感があるのは艶を70パーセントカットした3分艶です。また、艶消し塗料を使用する際は実際の仕上がりを想像しながら艶の度合いを選ぶことが重要です。外壁をマットに仕上げると、お家が周囲の景観によく馴染みます。ご自宅の見た目にもっと高級感が欲しいという方はぜひ艶消し塗料での塗り替えを検討してみてはいかがでしょうか。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料お役立ち情報

2023.06.27 更新

屋根塗装におけるおすすめ塗料とは?機能やデザインから行う塗料比較

住んでいるとあまりじっくり見ない屋根ですが、実はその屋根に一工夫するだけで住み心地が良くなることがあります。その工夫とは、屋根の塗り替えをすることです。屋根塗料にはいくつもの種類があり、どれを選ぶかで得られる効果も異なります。今回は塗料の機能と塗料選びのポイントを見ていきましょう。  □屋根の塗料に重要な3つの機能とは? 屋根の塗料の役割はただ見た目を綺麗にすることだけではありません。高耐久性機能、遮熱機能、断熱機能を持つ塗料もあるのです。・高耐久性機能高耐久性塗料とは、塗装してから15年以上もつものを指します。耐久性の低い塗料に比べて塗り替えの回数が少ないため、塗り替えの費用を抑えることも可能です。お家の外壁が劣化していることには気づく方も多いですが、実は屋根の方が外壁よりも直射日光を浴びる時間が長いため、劣化しやすいのです。そのため、耐久性の高い塗料にしておくのはとても効果的です。・遮熱機能夏場にクーラーをつけていない部屋に入ると蒸し暑く感じますよね。この暑さは遮熱機能のある屋根塗料を塗ることによって改善されることがあります。部屋の温度が高くなってしまう原因は、建物の表面が太陽光に含まれる赤外線によって熱せられ、その熱が内部に伝わってしまうことにあります。遮熱機能のある塗料で屋根を塗ると、その赤外線を反射してくれます。そのため、屋根から室内に熱が伝わりにくく、室内の温度上昇を抑制できるのです。・断熱機能断熱機能を持つ塗料を屋根に塗ると、太陽光の熱が塗料にため込まれることで室内へ熱を伝えにくくし、室内温度の上昇を抑えることができます。当社では耐久年数が20年の塗料や、遮熱機能を持つ塗料をご用意しています。当社のおすすめはフッ素樹脂を使うことで13~16年ほど耐久する、遮熱機能を備えた塗料です。他にも種類豊富に塗料を揃えていますので、何か気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。  □屋根塗料を選ぶときのポイントは5つ! 屋根塗料にはたくさんの種類があり、どれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。塗料選びに失敗しないためには、樹脂の種類、機能性、色、水性か油性か、そして艶の有無に注目すると良いでしょう。アクリル塗料や無機塗料などの樹脂の種類によって塗料の価格は大きく変わります。高価なものほど耐久性が上がるため、あとどれくらいそのお家に住むのかを考慮しながら選ぶと良いかもしれません。次に考えるのは遮熱・断熱などの機能性です。お家の日当たりなどを考慮しながら選びましょう。屋根の色は外観の印象だけでなく、機能性にも関わってきます。黒や茶色などの暗い色は汚れが目立たないため、多くの人が導入しています。しかし、色が暗いと断熱機能が低く、熱を吸収してしまいます。汚れは目立ってしまいますが、断熱効果が高い白系の明るい色も視野に入れてみると良いでしょう。水性か油性かで施工中の天候の影響の程度が変わります。気温が低いと水性塗料は乾きにくく、施工時間が伸びてしまうのに対し、油性塗料は気温の影響を受けません。しかし、油性塗料の臭いが強いことや、速乾性の水性塗料が開発されてきていることから、現在は水性塗料が広く使われています。屋根が大きいお家であれば、屋根の艶があるかないかで見た目の印象が変わります。艶なしの塗料であれば派手な色の屋根でも落ち着いた雰囲気を演出できます。逆に艶をつけると汚れが付きにくいという機能面のメリットがあります。見た目と機能性、どちらを優先したいかを考えてみましょう。  □まとめ 屋根の塗料について詳しくご紹介しました。高耐久性機能、遮熱機能、断熱機能などの機能と、樹脂の種類や色、艶の有無などを組み合わせて塗料を選ぶようにしましょう。屋根の塗り替えをすることで外が暑くても室温が上がりにくくなります。クーラーの電気代も節約できるというメリットもあるため、ぜひご自分のライフスタイルに合った塗料で屋根を塗り替えてみてはいかがでしょうか。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料屋根リフォームお役立ち情報

2023.06.23 更新

フッ素塗料って本当に良いの?屋根塗装にフッ素塗料を選ぶメリットを解説します!

屋根は1年を通して雨風の影響を受け、汚れや苔、藻が付着し、劣化していきます。皆さまのご自宅の屋根の状態はいかがでしょうか。もし劣化が目立つ場合は、塗り替えを検討してみると良いかもしれません。今回は塗料の中でも最もグレードの高いフッ素塗料に注目します。なぜグレードが高いのか、屋根のフッ素塗装をするべき人はどのような人か見ていきましょう。  □フッ素塗料とは? 住宅用の塗料にはその素材によって主にアクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料の4種類に分けられます。その中でも最もグレードが高いのがフッ素塗料です。数多くの塗料を扱う当社でもフッ素塗料を最もおすすめしています。  *高いのには訳がある!フッ素塗料のメリット3点 フッ素塗料の強みの一つはその耐用年数の長さです。他の塗料が10年前後であるのに対し、フッ素塗料は15年以上持つものもあります。それだけの期間外壁を綺麗に保てるのは嬉しい点です。また、空気中の埃やガスが付着しても親水性が高いのでこびりつかずに自然に雨で落ちます。ご自宅が車通りの多い道路に面している場合はこのような機能があるととても便利ですよね。さらに、防藻・防カビ効果も備えているため、日当たりがあまりよくない場所でも安心です。外壁にカビや藻がついてしまうと年季の入ったお家に見えてしまいます。せっかく塗り直すなら綺麗な状態を長持ちさせたいですよね。  *フッ素塗料の気を付けるべき点3つ 前述のような高機能が備わっているため、やはり価格は高くなってしまいます。しかし、耐用年数が長いため、メンテナンスの回数が減り、短い期間でメンテナンスの時期を迎える他の塗料よりもコストを抑えられる可能性もあります。また、フッ素塗料は光沢のあるものしかないため、マットな質感が好みの方は要注意です。フッ素塗料はその性質上、艶消し・マット加工ができない素材です。さらに、表面が伸縮しづらい塗料なので、素地にひびが入ってしまうと、その上に塗っている塗装も一緒に割れてしまう可能性があります。しかし、ヒビの入りにくい丈夫な素材の屋根や外壁であれば問題ないでしょう。  □屋根塗装にフッ素塗料を選ぶべき方の特徴とは? フッ素塗料はもちろん外壁塗装にも使えますが、屋根の塗装にも有用です。もし次に該当するのであれば、ご自宅の屋根をフッ素塗装することをおすすめします。・とにかく長く持たせたいフッ素の特徴は、15年以上も持つ高い耐久性です。外壁よりも過酷な環境にさらされる屋根には最適です。その上、汚れが付着しにくいため、メンテナンスをしなくても長期的に綺麗な状態を保てます。・長い目で見てコストを抑えたいフッ素塗装は塗料も工事費も他の塗料の種類に比べて高価です。しかし、高い耐久性を備えているため、こまめなメンテナンスが必要ありません。他の塗料に比べて塗り替え回数が減ることを考慮すると、トータルコストを抑られません。  □まとめ 長持ちで汚れにも強いフッ素塗料の魅力と、どのような方がフッ素塗装をするべきかをご紹介しました。お家が建っている環境は人それぞれです。ご自分のお家とライフスタイルに合った塗料選びができると良いですね。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料お役立ち情報

2023.05.13 更新

ラジカル塗料とは?ラジカル塗料で塗装するメリットについて

塗装したばかりなのに汚れがついてもったいない、という経験はありませんか。外壁塗装に使われる塗料にはさまざまな種類がありますが、中には防汚に優れたものや劣化を防ぐ効果があるものも存在します。今回ご紹介するラジカル塗料もその1つです。外壁の汚れにお悩みの際はぜひ参考にしてみてくださいね。  □ラジカル塗料とは ラジカル塗料とは、塗膜の劣化原因を防ぐ塗料です。この塗料には、塗膜の劣化原因であるラジカルの発生を抑制するための酸化チタンと光安定剤が含まれています。そのため、ラジカル塗料は耐久性も高くコストパフォーマンスの高い塗料なのです。そもそもラジカルとは、塗料に含まれている顔料と紫外線が当たることで発生するエネルギーです。このエネルギーが塗料の分解を促進し、塗膜の劣化原因になっているのです。ラジカル塗料は主な劣化症状として、チョーキングがみられます。ラジカル塗料で塗装した際は、壁の表面に白い粉がついていることを確認したら、塗り直しを検討しましょう。  □ラジカル塗料による塗装のメリット 1. 防汚性、防カビ性に優れている。バイオ技術によって、藻やカビが付きにくい特徴があります。陽当たりが良くない場所や、北側の壁にもぴったりでしょう。2. コストパフォーマンス性が高い機能の高さが同等のフッ素塗料と比較しても、1平方メートルあたり、1000円安くなっています。そのため、コストパフォーマンスにも優れているといえるでしょう。3. 塗装時の光沢が持続ラジカル塗料は、汚れにも強く、塗料の変色も防げます。そのため、光沢も長く持ってくれますよ。4. 素材を選ばないどんな屋根材でも使えるのもラジカル塗料の嬉しいポイント。金属材から木材までどの屋根材でも使えます。5. チョーキングが起こりにくい特に白色や淡色の顔料はチョーキングが進みやすいため、ラジカル塗料がおすすめだといえるでしょう。ラジカル塗料はチョーキングの発生を抑えるために開発されています。だからこそ、チョーキングが見られた際は早めの塗り直しを検討しましょう。  □まとめ ラジカル塗料は、チョーキングが起こりにくく、劣化しにくいのが特徴でした。また、同等のグレードのフッ素塗料と比較しても価格が安価なためコストパフォーマンスにも優れています。さらに、どの屋根材にも使えるためおすすめの塗料のため、どんな外壁でも塗装するだけで汚れの目立ちにくい外壁にできますよ。おすすめの塗料なので、ぜひ検討してみてくださいね。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料お役立ち情報

2023.04.19 更新

ネイビーの外壁に憧れる!気になる色あせを防ぐ方法も解説します

ネイビーは、落ち着いており万人に受けの良いカラーとして長く親しまれています。スーツや車などにも使用されるネイビーはおしゃれで爽やかな印象を与えていますよね。外壁も例外ではなく、ネイビーは人気のカラーです。今回は、ネイビーの魅力や外観の大敵である色あせを防止する方法を解説します。  □ネイビーの外壁の魅力 ネイビーは外壁に人気のカラーです。その魅力は、落ち着いていながら重すぎない色合いです。外壁を落ち着いた色合いにしたいけれど、黒にすると、少々重たい印象になってしまう、とお考えの方もいるでしょう。そこでおすすめしたいのがネイビーなのです。ネイビーには、青が含まれているため黒よりも重くならず、加えて爽やかな印象やリラックス感をプラスできます。周囲の環境にもなじみやすいカラーで周囲との調和もばっちりですよ。また、ネイビーは濃淡によって、好みの雰囲気に仕上げやすいのです。暗めのネイビーは、重厚感と落ち着いた印象が素敵な仕上がりに。明るめのネイビーにすれば、そこへカジュアルさも演出できますよ。ネイビーは機能性にも優れていることを知っていましたか。ネイビーは暗めの色にありがちな「色あせ」に強い特徴があります。ネイビーは、暗い色味でも青系なので、紫外線を吸収しにくく、反射する性質があるのです。そのため、紫外線の影響を受けにくく、黒に比べても色あせや変色に強いのです。  □ネイビーの外壁の色あせを防止するには 紫外線に強いネイビーも長期間紫外線を浴び続けていると、徐々に色あせてきます。できるだけ、見た目を長持ちさせるために以下の2つの対策をしていきましょう。1つ目は、低汚染性や防カビ性の塗料を使用することです。ネイビーは暗めのため、汚れやカビが目立ってしまいます。そこで、汚れが付くのを防いでくれる低汚染性の塗料やカビを防いでくれる防カビ性の塗料の使用をお勧めします。2つ目は、艶なしの塗料を選ぶことです。艶なしは色あせや汚れを目立ちにくくするのにぴったりです。色あせだけでなく、すぐに汚れが目立ってしまうとお困りの際は艶なしで依頼してみましょう。  □まとめ 今回は、人気のカラー「ネイビー」について解説しました。ネイビーは落ち着いた印象ながら爽やかさも兼ね備えており、さらに濃淡によって印象を変えられる万能カラーです。加えて、紫外線を反射し、色あせにも強いのが特徴です。ぜひ、ネイビーで素敵な外観の家を目指してみませんか。 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

続きはコチラ

塗料お役立ち情報

代表からのメッセージ

株式会社絆

代表取締役脇 歩実

塗料での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社絆にご相談ください!

ホームページを見てくださりありがとうございます。
株式会社絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。その中でも外壁屋根塗装に特化した会社です。

「絆さんに頼んでよかった」「いい工事が出来た」と工事が終わった後お客様からお声をかけてもらえる事にすごくやりがいを感じています。

施工した物件の近くをたまたまに通った時に綺麗なままのお家や建物を見ると嬉しく感じ工事をした当時を思い出し励みになります。
私自身生まれ育ったお家が綺麗になり感動した1人です。「家が息を吹き返したみたい」と母がすごく喜んでくれた事を鮮明に覚えてます。
その感動を施工を通じてお客様に届けたいと言う気持ちでお仕事させてもらってます。

・今から住み続けるお家をきれいに長持ちさせたい。
・だいぶ古くなり傷んだのできれいにしたい。
・次の世代に残してあげたい。
等お客様の「想い」に全力で応え地域の皆様と信頼関係を築き末永くお付き合いさせ頂けたらと思います。まずは相談、診断、見積もりと言った無料のお仕事から絆のお仕事、人柄や態度等を見てもらえれば幸いです。

社員一同今の現状に満足せず成長、進化し更に良いサービスを提供出来る様精進して参りますので今後ともよろしくお願いします。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    〒763-0093 香川県丸亀市郡家町3424
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 8:30~18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    〒762-0006 香川県坂出市旭町3丁目7-8
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 9:30〜18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 高松本社・お客様センター

    • 高松本社・お客様センター
    • 高松本社・お客様センター
    高松本社・お客様センター アクセスマップ
    高松本社・お客様センター

    〒760-0023 高松市寿町2-2-10プライムビル 4F

    ショールームについて詳しくはコチラ

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
香川県丸亀市・坂出市・善通寺市を中心に地域密着対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

丸亀市・坂出市・善通寺市・まんのう町・琴平町・宇多津町・多度津町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 絆が選ばれる5つの理由
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • 絆の無料建物診断・お見積り

地域密着の外壁屋根専門店です

絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-802-427電話受付時間 8:30~18:30 年中無休

現場ブログ

スタッフ紹介

丸亀市・坂出市・善通寺市の
塗装は私達にお任せ下さい!