MENU CLOSE

丸亀市を中心に中讃エリアの外壁塗装・屋根・雨漏りは絆にお任せ | 絆(プロタイムズ丸亀店・坂出店)

来店予約+見積り特典Quoカードプレゼント

0120-802-4279:00~18:30 年中無休

活動ブログ - お役立ち情報 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > お役立ち情報

お役立ち情報の記事一覧

絆の日々の活動を見てください!

2024.06.11 更新

オレンジの屋根に合う家づくりとは?外壁色の選び方について

外観の色合いは、家の印象を大きく左右します。特に屋根と外壁の色の組み合わせは、その家の「顔」とも言える重要な要素です。今回は、オレンジ色の屋根に映える外壁色に焦点を当て、その選び方と色の組み合わせについて掘り下げていきます。   □オレンジの屋根に合う外壁色4選   オレンジ色の屋根は、明るくて元気な印象を与える色です。そんなオレンジ色に合う外壁色を4つ選び、それぞれの色が持つ特徴と、家全体の印象に与える影響を見ていきましょう。   1:ホワイト   ホワイトは、オレンジの屋根と非常に相性が良い色です。オレンジの鮮やかさを引き立てつつ、清潔感と明るさをプラスします。特に、赤みが強いオレンジの屋根と組み合わせることで、そのコントラストが一層際立ちます。   2:イエロー   イエローは、オレンジと同じ暖色系で、温かみのある親しみやすい印象を家にもたらします。 しかし、濃すぎる黄色はオレンジと競合してしまうため、薄めのイエローがおすすめです。   3:ベージュ   ベージュは、自然に調和する落ち着いた色で、オレンジの屋根と組み合わせると安定感のある外観になります。ベージュを選ぶことで、派手すぎず、かといって地味すぎない、バランスの取れた外観を実現できます。   4:ダーク・ダークブラウン   ダークブラウンは、オレンジの明るさを引き立てる深みのある色です。重厚感を出しつつ、温かみのある外観を作り出せます。特に、自然に溶け込むようなデザインを目指す場合に適しています。   □オレンジ色の屋根を選ぶ際の2つの大切なポイント   オレンジ色の屋根を選ぶ際には、以下の2つのポイントを考慮することが重要です。   *屋根と外壁は鮮やかさ・明るさに差をつける   屋根と外壁の色は、鮮やかさや明るさに差をつけることで、建物にメリハリをつけられます。オレンジの屋根が際立つように、外壁色は少し控えめに選ぶと良いでしょう。   *カタログの見本と色板で確認する   実際の色合いを確認するためには、カタログの見本だけでなく色板も見て決定することが望ましいです。特にオレンジ色は実物とカタログで印象が異なることが多いので、実際に色板で確認することが重要です。   □まとめ   オレンジ色の屋根に合う外壁色を選ぶことで、家全体の印象を大きく左右します。色の選び方一つで、家の魅力が引き立つだけでなく、住む人の気持ちにも影響を与えます。 今回紹介した色選びのポイントを参考に、美しい家外観の実現を目指しましょう。

続きはコチラ

お役立ち情報

2024.06.07 更新

雨漏り&屋根修理専門店「やね110番きずな」オープン♪

香川県中讃地区を中心に地域密着、地域一番店を目標に活動させていただいております外壁屋根塗装・雨漏り専門店 株式会社絆〝プロタイムズ丸亀店〟〝プロタイムズ坂出店〟です! いつも絆のブログをご覧いただきありがとうございます。そして、いつも株式会社絆を応援してくださり、誠にありがとうございます。 今回は皆様にお知らせがございます♪ 2023年4月に『外壁屋根塗装・雨漏り専門店 株式会社絆』をオープンして、早いもので1年が経ちました。 『外壁屋根塗装・雨漏り専門店 株式会社絆』は丸亀店、坂出店の外壁屋根塗装・屋根修理を中心として、ショールームオープンから現在までに200棟以上のお家の屋根塗装や外壁塗装などをさせていただいております。 外壁屋根塗装や屋根修理工事はたくさんの方々から、嬉しいお声や口コミも頂いており、社員一同、気を引き締め毎日頑張っております。 一方で、雨漏り修理・修繕工事依頼も、たくさんのご依頼や相談をいただいております。そのおかげで6月に『屋根110番きずな』を新オープンさせていただくことになりました!!このようなお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください! ✓屋根全体を葺き替えるほどでも・・・✓予算的に難しい・・・✓もうすぐ引っ越しの予定なのに・・・などの場合にどこに修理を依頼したらいいの? すべて修理するのには費用がかかります。なので雨漏りに困った時、雨漏りを専門とする『屋根110番きずな』にお任せください。皆様に合った予算や工事内容でプランを選定させていただきます!急な雨漏りが発生した場合には『屋根110番きずな』を思い出してもらえると幸いです。 急な雨漏りはもちろん、『この前の豪雨で雨漏りしてない?』などの不安があればご相談ください!雨漏りは、急におこることもありますが、時間の経過とともに範囲も広がり悪化していきます。屋根裏などの場合は自分で見つけることも難しく気づかない間に悪化していたという例もありますので点検やメンテナンスを定期的に行うことをオススメします! お問い合わせはコチラ   目次1.『屋根110番きずな』のサービス内容2.雨漏りしやすい個所・チェックポイント3.雨漏りを放っておくとどうなるのか4.まとめ 1.『屋根110番きずな』のサービス内容『屋根110番きずな』は下記のようなサービスを手掛けさせていただきます。・屋根、外壁の雨漏り診断・雨漏りの補修・修理・屋根の修理・屋根カバー・葺き替えその他にもご相談等あれば、お気軽にご連絡ください! 2. 雨漏りしやすい個所・チェックポイント《雨漏りしやすい個所》①屋根古くなった屋根や瓦、割れたスレートなどが雨水の侵入原因になります。 ②屋根と壁の接続部分屋根と壁の接続部分や屋根の谷間は雨水が集中しやすい場所です。 《チェックポイント》・屋根材の割れ/浮き/劣化 ・屋根の谷間の浸水防止/劣化/損傷 ・煙突/換気扇/エアコンの取り付け部 ・屋根裏/天井裏のシミ   3.雨漏りを放っておくと・・・雨漏りは放置すればするほど問題が深刻化し、修理費用も高くなり、建物の価値も低下します。健康へのリスクもあり、様々な負の影響をもたらします。 ①建物の構造への損傷・内部の損傷雨漏りが続くと、屋根や壁、天井などの建物の構造部に水が浸透し、腐食や劣化が進行します。腐食が進むと建物自体の耐久性が低下して建物全体の安定性に問題が起きてしまいます。内部で損傷がおきた場合には電気配線や絶縁材にも影響を与え、火災や感電の危険性もあります。 ②健康への影響雨漏りによって湿気が増加し、室内の空気品質が悪化します。カビや菌などの増殖により、アレルギー反応や呼吸器疾患などの健康問題が引き起こされる可能性があるので注意しましょう。壁や天井の水シミやカビが広がれば、建物の外観や内装が劣化して、大切なお住まいの価値が低下します。建物の美観や利便性が損なわれ、再販価値も低下する可能性があります。   4.まとめ 皆様を様々な自然災害から守ってくれる役割をしっかり果たせるお住まいにしておくためにも雨漏りには十分注意しておきましょう。『やね110番きずな』は皆様にとって安心安全なお住まいを提供することをお手伝いします! ✓少し前から雨漏りの跡が気になる・・✓雨漏りしているところがある・・ お急ぎの場合には『屋根110番きずな』にご連絡ください。その他のご相談やお問い合わせもご気軽に★ 今後も株式会社絆をよろしくお願いします。 株式会社絆、プロタイムズ丸亀店、プロタイムズ坂出店では外壁診断、屋根診断、お気軽にお問い合わせくださいね。 外壁診断・屋根診断はこちらから! 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ 施工事例はこちらから! ☆お電話でのお問い合わせ☆ 0120-802-407 株式会社絆プロタイムズ丸亀店・プロタイムズ坂出店電話受付時間 8:30~18:30 年中無休 記事担当〈プロタイムズ坂出店:柴垣〉

続きはコチラ

スタッフブログお役立ち情報雨漏りイベント・キャンペーンお知らせ

2024.06.07 更新

高耐久?メンテナンス軽減の秘訣とは?外壁の選び方と注目材料

長期的なコスト削減と低メンテナンスの住まいを求める実用主義者に向けて、耐久性に優れた外壁材の選択について、役立つ情報を提供します。実際にどのような外壁材が長持ちし、メンテナンスの手間を省けるのか、その真実と誤解を解き明かしていきます。   □メンテナンスフリーの外壁とは?真実と誤解   メンテナンスフリーの外壁とは一体何を意味するのでしょうか。この言葉から、全くメンテナンスが不要だと考えがちですが、実際にはそのような外壁は存在しません。ここで、よく誤解されがちな点と、その真実について詳しく見ていきましょう。   *メンテナンスフリーの意味   一般的に、メンテナンスフリーの外壁材とは、従来の素材よりもメンテナンスの頻度を減らせる素材を指します。ガルバリウム鋼板や光触媒塗料などがこのカテゴリーに入り、これらの素材は耐久性が高く、メンテナンスの回数を減少させる効果があります。   *耐候性と自浄効果   耐候性に優れた塗料や、自浄機能を持つ塗料を使用することで、外壁の汚れや色あせを防ぎ、メンテナンスの手間を軽減できます。これらの塗料は、紫外線や雨風から外壁を守る役割も果たし、美観を長く保てます。   *メンテナンスの重要性   どのような外壁材を選んだとしても、定期的なメンテナンスは避けて通れません。適切な時期に点検や清掃を行うことで、外壁の劣化を早期に発見し、修繕が必要な状態になる前に対処することが重要です。   □高耐久で長持ちしやすい外壁材トップ3   住宅の外観と機能を長期間維持するためには、選ぶ外壁材が非常に重要です。ここでは、耐久性に優れ、メンテナンスが少なくて済む外壁材として人気の高いトップ3を紹介します。   1:タイル   タイルは非常に長持ちし、メンテナンスが少なくて済む外壁材として知られています。水を吸いにくく汚れにくい特性を持つため、美観を長く保つことができます。 ただし、目地のメンテナンスは必要ですが、その頻度は他の素材と比較して少なくて済みます。   2樹脂系サイディング   樹脂系サイディングは、色あせしにくく、雨や塩害、凍害に強いという特徴があります。また、オープンジョイント工法を用いることで、目地コーキングの劣化によるメンテナンスの必要がなくなります。   3:金属系サイディング   金属系サイディング、特にガルバリウム鋼板は、軽量で地震に強く、凍害にも強いです。色褪せや錆びに強いため、塗装の必要が少なく、長期的にメンテナンスのコストを抑えられます。   □まとめ   今回は、メンテナンスフリーと称される外壁材の真実と誤解、そして長持ちする外壁材トップ3について詳しく見てきました。どの外壁材を選ぶにしても、その特性を理解し、適切なメンテナンスを心掛けることが、住宅を長く美しく保つ秘訣です。適切な外壁材の選択とメンテナンスにより、住宅の価値を高め、快適な住環境を維持しましょう。

続きはコチラ

お役立ち情報

2024.06.05 更新

外壁塗装の色の選び方・風水による色選びで気分も運気もUP!

香川県中讃地区を中心に地域密着、地域一番店を目標に活動させていただいております外壁屋根塗装・雨漏り専門店 株式会社絆〝プロタイムズ丸亀店〟〝プロタイムズ坂出店〟です!   今日は、塗装する際に迷う色の選び方を紹介していきたいと思います。塗料にもそれぞれ特性があり、違いがありますが、外壁を彩る色本来にも特性が存在します。今日は色が持つ特性・風水に沿った色選びをみていきましょう。 目次 1.外壁塗装で高級感の出る色が知りたい。 2.外壁塗装で失敗しない色選びは? 3.外壁塗装で汚れや劣化が目立ちにくい色は? 4.外壁塗装で汚れや劣化が目立ちやすい色は? 5.外壁塗装をDIYしたい時、塗装が難しい色味は? 6.多彩模様塗装って何? 7.石目調・レンガ調の違い 8.外壁塗装においての風水での考え方(方角別と色別)   1.外壁塗装で高級感のある色は・・? お住まいの外観に高級感を出したい場合、落ち着いた色合いや深みのある色にするといいでしょう。①ネイビーブルー、②グレージュ、③シャープブラック、④クリームホワイトなどです。これらは、外観の高級感を引き立てるだけでなく、建物のスタイルや周囲の環境とも調和しやすい特徴をもっています。①のネービーブルーにトリムやアクセントを組み合わせるとより高級感が増したり、ツートーンカラーにするのもオススメです。   2.外壁塗装での失敗しない色選び! 外壁塗装で色を選ぶ際、このようなポイントに注意して選ぶようにしましょう。 (1)建物の形やスタイルと周囲の環境にあった色 (2)サンプルを使った色の検討(実際の塗料サンプルを建物の外壁に塗ってみて、日中と夜間の光の条件でみてみるといいでしょう。異なる照明条件や天候下での色の見え方を確認しておくましょう。) (3)中立色を選ぶ(鮮やかな色よりも、中立色が長期的にみても飽きずに再販価値も上がります。)*クリーム、白、ベージュ、グレーなど (4)地域の気候条件を考慮する(明るい色を選ぶことで建物の冷却効果を高めることができます。) (5)トリムやアクセント色の選択(外壁のメインの色に加えて、トリムやアクセントの色も重要です。建物の特徴を引き立てるために、メインの色と調和する色を選びましょう。) そのほかに気になることがあれば専門家の意見も参考にしてみましょう。   3.外壁塗装で汚れや劣化が目立ちにくい色は? 汚れや劣化を目立ちにくい色も存在します。中立職や中間色は、汚れや劣化が目立ちにくい傾向があります。特に明るすぎず、暗すぎないベージュ、グレーまたは淡い茶色などの色相は建物の外観を清潔で落ち着いた印象に保ちます。淡いクリーム色やライトグレーも汚れが目立ちにくい色として人気があるようです。彩度が高すぎない色を選ぶことが重要のようですね!彩度が高すぎると汚れが目立ちやすいですが、彩度が低すぎると色味が薄くなり、建物全体の印象も薄くなることがあります。適度な彩度を持つ色選びをしましょう。   4.外壁塗装で汚れや劣化が目立つ色は? 目立ちにくい色の反対が目立ちやすい色になります。例えば、明るい色(白・彩度の高いベージュ)や彩度の高い色(濃い茶色・赤・青)は汚れや劣化が目立ちやすい傾向にあります。その他に、飽和度の高い色ほど鮮やかなため目立ちやすい色になります。特に鮮やかな赤やオレンジ、鮮やかな青などの色相は汚れや劣化が目立ちやすいそうです。   5.外壁塗装DIYをする際に塗装が難しい色は? 外壁塗装をDIYする際に塗装が難しい色は①濃い色、②明るい色、③鮮やかな色、④複数色の組み合わせ、です。①濃い色の塗料は、塗布の不均一になりやすく、ムラや筋が目立ちやすいです。また、濃い色は色褪せが目立ちやすいため、塗装の仕上がりに気を配る必要があります。②明るい色の塗料は、反射率が高くなるため、ムラや筋が目立ちやすく、汚れも目立つため定期的なメンテナンスが必要です。③鮮やかな色の塗料は、塗装技術や経験を要する必要があります。塗装の仕上がりに時間と手間がかかる場合があるようです。④複数色の組み合わせで塗装したい場合、境界線の処理、色の調和を考慮しなければいけません。色の移り変わりが自然に見えるようにするには、慎重な計画と技術が必要になります。   6.多彩模様塗装って? 多彩模様塗装とは、外壁塗装の一種であり、複数の色や模様を組み合わせで施される塗装技法です。一般的な単色の外壁塗装とは異なり、多彩模様塗装でしゃ、複数の色やパターンを用いて、建物の外観にアート性や個性を与えることができます。特徴としては、多彩な色彩で明るい色や鮮やかな色、地味な色など様々な色を組み合わせることで個性的な外観を作り出すことができます。多彩模様塗装では、様々なパターンやデザインを施すことができ、ストライプ・チェック柄・波模様・グラデーションなどたくさんの種類の模様を表現することが可能です。多彩模様塗装は、建物の個性や特徴を引き立てる効果があります。特に店舗やアート施設、文化施設など目立つ外観が求められる場所でよく見かけますね。   7.石目調とレンガ調 石目調とは、外観や内装などの表面を石の質感や模様に似せて塗装をする技法のことです。建物の外観や内観に石の風合いを与えることができます。石目調には特殊な塗料が使用されます。塗料には、石の質感や色合いに近いものがあり、塗布後に石のような風合いを再現することができます。スポンジやローラーも特殊なものを使用し、塗料を均一に塗り拡げ、石のような模様を再現することができます。塗り方や仕上げ技法にも工夫がされており、複数の色を重ねて塗ったり、擦り付けたりして石の風合いを表現します。石の質感を表現することで建物に高級感を与えてくれます。 レンガ調とは、レンガのような質感や模様に似せて塗装する技法のことです。レンガ調の塗装も特殊な塗料や道具が使用されます。塗料はレンガの質感や色合いに近いものを塗布します。それによって塗布後にレンガのような外観を表現することができます。レンガの質感を表現することで建物に温かみや味わいを加えることができます。   ★☆★色と運気の関係【風水】★☆★ 塗料の効果はどれも似ていて機能性や色の効果でもきめれない!という方は風水で決めてみてはいかがでしょうか? 外壁塗装でよく使用される風水でのオススメの色や風水を参考にする際の注意点を紹介していきたいと思います。 皆様も知っているように風水は色だけでなく方角が重要になってきます。外壁塗装の色選びに風水を取り入れる場合は方向別のラッキーカラーを選択するようにしましょう。 北→白・オレンジ・アイボリー・薄ピンク 【貯蓄・子宝・愛情・信頼】などの効果が期待でき、温かい家族がイメージされますね! 北東→黄・白・赤・茶 【貯蓄・健康・転職・変化・相続】などの効果が期待でき、就職や新学期といった新しいことへの挑戦へのきっかけが作れそうです。 東→白・赤・水色・青・ピンク・緑 【仕事・若さ・発展・勉強・情報】などの効果が期待できるようです。仕事運を上げたいと期待するならこのような色を参考にするとハツラツとした気分で過ごせるかもしれませんね! 南東→ピンク・黄緑・オレンジ・赤 【結婚・恋愛・人間関係・旅行】などの効果が期待でき、新しい恋や新婚生活に向けて選ぶのもいいかもしれません。 南→白・紫・黄緑・ベージュ・ピンク 【才能・人気・美容・知性】の効果が期待できるようです。 南西→緑・オレンジ・山吹色・紫・茶色 【健康・家庭・安定】の効果が期待でき、落ち着いた家庭なイメージがつきそうですね! 西→ピンク・白・クリーム色・茶色・黄色 【金銭・商売・人間関係】の効果が期待できるみたいです。商売を始めるきっかけに塗装をする方もいるようです。 北西→グレー・ゴールド・茶色・ベージュ・白 【出世・貯蓄・金銭・勝負・事業】などの効果が期待でき、勝負時にお住まいや職場のカラーが味方をしてくれるといいですね! 方角で色を決める際に注意しなければいけないのが、お住まいの間取りをしっかり確認しておくことです。お住まいの間取り図を使って家の中心を軸にして正しい方位を判断しましょう。 先ほどは方角ごとにオススメカラーを紹介しましたが、次は外壁塗装の色ごとに風水効果を紹介したいと思います。家具の位置や家具の向きなどの風水もありますが、外壁塗装での風水効果は最も効果を発揮するようです。 ★白色★・・仕事運・家庭運UP!!!・・ 風水で白は清潔さ、純潔さ、平和、調和、そして新たな始まりを象徴とする色とされています。白はネガティブなエネルギーを浄化し、空間に清々しさをもたらすと信じられています。また、白は光を反射しやすく明るく広々と感じさせてくれる効果もあります。 ★茶色★・・健康運・家庭運UP!!!・・ 茶色は安定感や地に足のついた感覚をもたらす色と考えられています。茶色は大地や自然の色に似ており、安定感や安心感を与えるとされています。また、茶色は落ち着きや安らぎをもたらす色であり、茶色を取り入れることで心地よいリラックスした雰囲気を作り出すことができます。茶色は外壁塗装の色のなかでも人気が高く他の建物との調和もとれやすい色です。 ★青色★・・勉強運・若さUP!!!・・ 風水で青色は、安定感、調和、平和、信頼性を象徴する色とされています。青は空や海の色にも関連付けられ、広がりや深さ、安らぎを感じさせてくれる色です。青は心を落ち着かせ、ストレスを和らげる効果があります。また、集中力やクリエイティビティを高めるともいわれています。青は風水では、水のエネルギーを象徴する色とされており、流れるようなエネルギーをお住まいにもたらし、穏やかでリフレッシュな雰囲気を取り入れることができます。 ★黄色★・・金運・人気UP!!!・・ 黄色は活力、喜び、創造性、そして繁栄を象徴する色とされています。黄色は太陽の色に関連付けられ、暖かさや明るさをもたらすと考えられています。黄色はポジティブなエネルギーを促進し、気分を高揚させてくれる効果があります。また、知的な活動や学習にも良い影響を与えてくれるとも言われています。風水の観点から見ると黄色は、繁栄や富をもたらす色とされ、特に富や成功を引き寄せる効果があると考えられています。ポジティブな気持ちで活力を高め、豊かな未来へ期待を育むことができそうです。 ★緑色★・・貯蓄・仕事運UP!!!・・ 緑は活力、成長、健康、調和を象徴する色です。緑は自然界に豊富に存在し、植物や木々などの色でもあります。そのため緑は生命力や癒やしの力を持つ色として重視されています。緑は心身リフレッシュやリラックスに良い影響を与えるとされています。また、緑はバランスを取り戻し、ストレスや緊張を和らげる助けとなることもあります。緑を取り入れることで健康や幸福感が増すとされています。風水の観点から見ると緑色は、木のエネルギーを象徴し、成長や豊かさをもたらすとされています。環境のバランスを整え、豊かな気配りや心地よい雰囲気を作り出すことができます。 ★黒色★・・貯蓄・信頼度UP!!!・・ 黒は潜在的なエネルギーを象徴する色とされています。黒は強い保護や安定感をもたらす色とされています。黒はすべてを溜め込んだ色とも言われ、溜め込むという象徴から貯蓄が増えると言われているそうです。どんな秘密も飲み込んでしまうことで、信頼関係を増す効果もあるようです。黒はバランスを保つために他の色との組み合わせをオススメします。例えば、明るい色や暖色系の色と組み合わせることで、黒の重厚さを和らげることができます。また、黒は空間を引き締める効果がありますが、重苦しい雰囲気を作り出すこともあるため注意が必要です。 ★オレンジ★・・!!!・・ オレンジは活力、エネルギー、創造性、そしてコミュニケーションを促進する色とされています。オレンジは赤と黄色が混ざった色であり、活気やポジティブな気持ちをもたらすとされています。この色は太陽の出る朝や夕暮れのような温かみや活力を象徴し、新たな始まりやチャンスを意味することもあります。風水お観点から見ると、オレンジは豊かさや成功を引き寄せる色とされています。特にビジネスやキャリアの成功を求める場合に効果的です。オレンジはコミュニケーションや人間関係を円滑にする効果もあります。 ★赤色★・・健康運・勝負運UP!!!・・ 風水において、赤は活力、情熱、熱意、そして繁栄を象徴する色とされています。赤は火や太陽の色でもあり、パワフルなエネルギーを持つと考えられています。この色は、活気に満ちた雰囲気を作り出し、行動力や積極性を刺激するともいわれています。風水の観点から見ると、赤は成功や繁栄をもたらす色とされています。特に金運や事業繁栄を求める場合に、赤を取り入れることが推薦されることがあります。赤は勝負運や競争心をい高め、自身を与える効果もあるとされています。 ★ピンク★・・健康運・若さUP!!!・・ ピンクは、愛情、優しさ、調和、そして幸福を象徴とする色とされています。ピンクは赤と白の組み合わせであり、赤の活力や情熱と白の清潔さや純粋さを含んだ色とみなされます。ピンクは穏やかにし、愛情や癒やしの力をもたらすと信じられています。また、ピンクは女性らしさやストレスの軽減に役立つとされ、特にリラックスや癒やしを求める場所に取り入れると良いでしょう。風水の観点からみると、ピンクは合いや調和をもたらす色であり、人間関係や家庭生活に円滑化に役立つとされています。ピンクを取り入れることで幸福感や調和を高める効果が期待できます。穏やかなエネルギーを持ち、心地よい雰囲気を作り出すのに適した色とされています。 ★灰色★・・堅実・安心感UP!!!・・ グレーは、安定感、落ち着き、そして調和をもたらす色と考えられています。灰色は白と黒が混ざった色であり、中立的な雰囲気を持ちます。そのため、過剰な刺激を避け、バランスの保つのに役立つとされています。灰色は落ち着いた雰囲気を作り出し、心を安定させる効果があります。また、他の色との調和を助け、空間全体を引き締める役割を果たします。風雨水の観点からみると、灰色は安定したエネルギーをもたらし、精神的な平穏を促進するとされています。 どうだったでしょうか?このように色によって期待できる効果が違います。お住まいの環境やに合わせた塗装や、これからの未来を創造できるような色を選択できるといいですね! 株式会社絆では、カラーシュミレーションを行っております。お住まいの色の想像ができやすいようにカラーシュミレーションで提案できますので、いつでもご相談ください。   株式会社絆、プロタイムズ丸亀店、プロタイムズ坂出店では外壁診断、屋根診断、お見積もりはすべて無料です!お気軽にお問い合わせくださいね。 外壁診断・屋根診断はこちらから! 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ 施工事例はこちらから! ☆お電話でのお問い合わせ☆ 0120-802-407 株式会社絆プロタイムズ丸亀店・プロタイムズ坂出店電話受付時間 8:30~18:30 年中無休 記事担当〈プロタイムズ坂出店:森川〉

続きはコチラ

スタッフブログお役立ち情報

2024.06.03 更新

外壁をブラウンにする前に考えるべきこととは?後悔しないためのポイント

外壁の色は、家の印象と住み心地に大きな影響を与えます。特にブラウンの外壁は、その落ち着いた色合いで多くの人々に愛されていますが、後悔するケースも少なくありません。こだわりを持って外壁の色を選んでいる方々の中には、「後悔したくない」という強い願いがあるでしょう。この記事では、ブラウンの外壁を選ぶ際の注意点と、後悔しないためのポイントを詳しく解説していきます。   □ブラウンの外壁で後悔する5つの理由   ブラウンの外壁塗装を選んだ人が直面する可能性のある問題を、具体的な例を交えて解説します。   1:光を吸収して室内の快適性が損なわれた   ブラウンは暗めの色であり、太陽光を吸収しやすい性質があります。これにより、夏場に外壁が熱を吸収し、室内に熱が伝わりやすくなります。 結果として、電気代が増加し、居住者の快適性も低下する可能性があります。   2:汚れが白っぽく目立ってしまった   特にダークブラウンの場合、白っぽい汚れが目立つことがあります。防汚性に優れた塗料の選択や、定期的な外壁クリーニングが必要です。   3:重厚感を期待していたが圧迫感が強くなった   ブラウンはその色合いが重厚感を与えるために選ばれますが、行き過ぎると圧迫感を感じる場合があります。特に小さな建物や狭い空間には注意が必要です。   4:こだわりを持って選んだのに周囲と差別化できなかった   ブラウンは多くの環境に適応しやすい色ですが、周囲との差別化が難しい場合があります。 5:濃いブラウンにしたら外観イメージが暗くなった 濃いブラウンは高級感を演出できる反面、「重い」「暗い」という印象を与えがちです。   □後悔しないブラウン選びのコツ   遮熱や断熱性能のある塗料の選択、耐候性の高い塗料で色あせを防ぐ方法、実際の外壁塗装に近い環境での色見本確認の重要性に焦点を当て、具体的なアドバイスを提供します。   *遮熱塗料や断熱塗料を選ぶ   ブラウンは特に濃い色のため、熱吸収率が良く、室内の温度を上げてしまうことがあります。遮熱性能や断熱性能を持つ塗料を使用することで、後悔を避けられます。   *耐候性の高い塗料を選ぶ   色あせは外壁塗装が雨風や紫外線を受けて発生する塗膜の劣化症状です。耐候性の高い塗料を使用することで、長い間色あせを目立たせず、美しい状態を保てます。   *できるだけ大きい色見本を様々な環境で見る   色は見る環境によって印象が変わります。できるだけ大きい色見本を外で見て、晴れの時や曇りの時など、様々な天候下での印象を確認することが後悔しない色選びに繋がります。   □まとめ   この記事では、ブラウンの外壁塗装で後悔する5つの理由と、後悔しないための選び方を解説しました。ブラウンの外壁を検討している方は、今回のポイントを参考に、後悔しない納得のいく選択をしていただければと思います。

続きはコチラ

お役立ち情報

2024.05.30 更新

新築の家を守る外壁塗装について!美観を長持ちさせる最適の時期

新築住宅の所有者の多くは、おそらく家の美観と機能性を維持することに大きな価値を見出しているでしょう。この記事では、新築の外壁塗装に最適なタイミングと、その重要性について解説します。家の長期的な価値を守るために、これから紹介する情報を参考にしてください。   □新築の外壁塗装はいつ?理想的な時期・タイミング解説   新築住宅の外壁塗装の最初のタイミングは、一般的に建築後8~12年が推奨されます。これは、外壁の材質によって異なる耐久性に基づいています。   1:外壁材の種類   外壁材の種類には大きな違いがあります。例えば、ALCボードや金属系サイディングなどは約10年以上持つことが多いですが、モルタルや窯業系サイディングはそれより短い約7年~8年程度です。   2:外壁材の材質   材質による耐久性の違いは、塗装の必要性に直接関わってきます。耐久性の高い材質を使用している場合は、それに応じて塗装の周期も長くなります。   3:外壁の塗料   塗料の種類によっても、塗り替えのタイミングは変わります。例えば、無機塗料やフッ素塗料は約15年の耐久性がありますが、アクリル塗料は約3年~5年程度です。 これらの情報を踏まえることで、自宅の外壁材質や前回の塗装情報に基づき、次の塗装時期を計画的に見積もれます。   □見逃せない塗り替えサイン   外壁の劣化は、家の美観や耐久性に重大な影響を与えるため、見逃せない重要なサインです。時間が経過するにつれて、外壁は雨風や紫外線に晒され続けるため、様々な症状が現れ始めます。これらの初期の劣化症状をいち早くキャッチし、適切な時期に塗り替えを行うことで、更なる損傷を防ぎ、家全体の機能を保持できます。   *チョーキング現象   塗装が古くなり、紫外線や雨水などの外的要因によって塗膜が劣化すると、外壁に白い粉が付着するチョーキング現象が起こります。これは塗膜内の顔料が粉状になって表面に現れることによるもので、外壁を触った際にその粉が手に付く場合、塗り替えが必要なサインとされています。   *カビや藻の発生   外壁の湿度が高まり、特に日陰の部分で水分が蒸発しにくい状態が続くと、カビや藻が生えやすくなります。これらは見た目の美観だけでなく、外壁の材質を腐食させることにも繋がります。   *クラック(ひび割れ)   外壁材の老朽化や、構造的なストレスにより小さなひびが入ることがあります。これらのひび割れは水分が浸入しやすくなり、雨漏りの原因にもなり得ます。   □まとめ   新築の外壁塗装は、家の美観と機能を維持するために極めて重要です。理想的な塗り替えタイミングは建築後8~12年ですが、使用されている外壁材や現在の外壁の状態によっては、この時期より前に行う必要があります。 また、劣化の初期サインを見逃さないことが、長期的な保護とコスト削減に繋がります。外壁塗装を計画する際は、これらのポイントを参考にして、家を最良の状態に保つ努力をしてください。

続きはコチラ

お役立ち情報

2024.05.28 更新

外壁や屋根に使われれる塗料はどれも同じ?種類やメーカーを紹介!

香川県中讃地区を中心に地域密着、地域一番店を目標に活動させていただいております外壁屋根塗装・雨漏り専門店 株式会社絆〝プロタイムズ丸亀店〟〝プロタイムズ坂出店〟です!   こんにちは。みなさん、外壁塗装や屋根塗装をする際に塗料の種類や色について気になったことはありませんか?塗料にも様々なメーカーがあり、色やデザイン、種類などがあります。塗料によって耐用年数やコストパフォーマンスも変わってきます。 外壁塗装や屋根塗装の見積もりを依頼したら、いろんな種類の見積もりが・・。塗料の違いで価格が変わるの?どのように選択すればいい?このような疑問を解決しましょう。 建物の状態で選ぶ塗料は変わります。建物の状況やお住いの気候、塗装後の計画など皆様の条件に合う塗料選びをしてください。塗料の種類と特徴は・・・ *アクリル:コストパフォーマンスがいいのが特徴です。リフォーム塗装をよくする方にオススメですね!しかし、耐候性に劣るため、長期的な外壁の保護は期待できません。耐用年数は4年程などで他の塗料に比べると寿命が短いです。 *ウレタン:ウレタン塗料も比較的安価です。ですのでアクリル塗料と同じく、耐候性が低いため、長期的に建物を保護することは難しいです。耐用年数は6年程です。 *シリコン:一般的によく使用される塗料です。価格と機能のバランスがよく、カラーバリエーションも豊富です。アクリルやウレタンに比べると耐候性はいいですが、建物を保護し続けるのには不十分です。耐用年数は8年程です。 *光触媒:外壁や屋根の汚れが気になる方にオススメの種類です。光の当たる場所への使用により、より効果を発揮してくれます。光の当たらない場所では効果を十分に発揮できないことがあり、塗膜が硬いのでひび割れに注意する必要があります。価格もやや高めです。耐用年数は12年程です。 *フッ素:耐候性が高いのが特徴です。長期間、建物を保護してくれます。これも塗膜が固く、ひび割れや剥がれに注意しなければいけません。耐用年数は光触媒と同様に12年程です。 *無機配合型フッ素:フッ素塗料に無機成分を配合しているため、耐候性が高く、紫外線や雨、熱などの気候から建物を守ってくれます。長期的に保護してくれるため、価格も高くなっています。耐用年数は16年程です。 *ピュアアクリル:高耐候性、高弾性を持っています。防水性も非常に高く、水の侵入を防ぐ効果があります。塗料がアクリル純度が高い樹脂を使用している水性塗料のため、冬場の施工には時間がかかる場合があります。価格も高いようです。耐用年数は15年程です。 *無機ハイブリッド:無機と有機のいいところを組み合わせたハイブリッド塗料で、高い耐候性を持ちます。紫外線や熱、雨などにも強い特徴があります。価格も高くなります。耐用年数は18年程で寿命も長いです。 このようにたくさんの塗料の種類がありますが、同じシリコン塗料やウレタン塗料でもメーカーや商品によって性能の特徴は変化します。基本的には塗料の耐用年数を参考にしてみましょう。価格が高価なものでも長持ちすれば、結果的に節約になることもあります。 耐用年数が6年の場合→70万✕6回分=420万 耐用年数が10年の場合→100万✕4回分=400万 耐用年数が15年の場合→130万✕2回分=260万 (耐用年数→1回のコスト例✕塗装回数=合計費用)です。 このように塗料の耐用年数が長いものを選んでおくと、塗装工事を減らすことができで結果的に費用を抑えれるということがわかります。塗装工事を行う際には足場費用、洗浄費用、下地処理費用、付帯工事費用と塗装代以外の費用もかかってきます。それを減らすためにも塗装回数を減らすのがオススメです。   塗料種類の中から選べないという方は性能別や素材別に分けて選んでみてはいかがでしょうか? ★性能別・・【低汚染性能】外壁の汚れを防止する       【防カビ性能】湿気や雨が多い立地環境に対応       【防水性能】雨水の侵入を防げる       【遮熱性能・断熱性能】夏の暑さを軽減 ★素材別・・【アクリル塗料・ウレタン塗料】価格を重視       【フッ素塗料】耐候性重視       【光触媒塗料】耐候性と美観重視       【シリコン塗料】価格と耐候性のバランス このようにわかりやすくまとめてみると、お住いにはなにが必要なのかと予算などに分けて塗料を見分けることができます。   『株式会社きずな』で使用している塗料メーカーを一部紹介します。日本の三大塗料メーカーといわれている有名塗料メーカーです。 ・SK化研 ・関西ペイント ・日本ペイント その他にも『スズカファイン』『アステックペイント』などの塗料メーカーを使用しています。今日はこの中のアステックペイントについて紹介します。   アステックペイントの塗料の特徴は・・ 1.アステックペイントは防水塗料!塗膜の伸縮率が約600%なのでひび割れに追随、水や湿気の侵入から住宅を守ってくれます。 2.高耐候性のピュアアクリル樹脂なので長持ち!オーストラリアでの紫外線は日本の3倍位上。そのオーストラリアでできた塗料なので紫外線に強く、促進耐候試験にて約15年(期待耐用年数)経過後も光沢維持率80%を保持してくれます。 3.熱の侵入を防ぐ!塗料に含まれる成分が塗膜表面に当たる近赤外線を効果的に反射してくれるため、建物への熱の侵入を防いでくれます。   このような方にオススメ! ◉汚れが気になる・・ ◉外壁のひび割れや破損がひどい・・ ◉夏の暑さを低減したい・・ ◉耐久性が高く長持ちする塗料を選びたい・・ これらの悩みには特化しているメーカーといえます。 海外塗料っていうのが心配になる方、安心してください。開発はオーストラリアでされていますが、本社は福岡県です。アステックペイントは戸建てでもメーカー保証が適用できます。なので安心して使用できます。 アステックペイントではカラーバリエーションも豊富に取り扱っています。通常の塗料は12色程度ですが、68色のカラーが標準色として用意されています。一般的な住宅でしたら、好きな色での遮熱塗装が可能になります。   〜アステックペイントの商品ラインナップ〜 ①低汚染リファイン1000MF-IR 塗膜の密度が高く、汚れがつきにくいのが特徴です。『無機フッ素』の樹脂を使用しており、耐候性を高く保有しています。美壁革命というコンセプトで作られたものですので、セルフクリーニングの効果も高く、付着した汚れも雨水が洗い流してくれます。そのため、長期間の外壁の美観を保持してくれます。この塗料がアステックペイントで人気NO,1みたいです。 ②低汚染リファイン1000Si-IR 上記の塗料と同じものですが、こちらは『シリコン』の樹脂を採用しているのが違いになります。汚れもつきにくく、セルフクリーニング効果もあります。期待耐用年数15年〜18年相当を発揮してくれることで長期的な機能性や保護を期待できます。 ③スーパーシャネツサーモシリーズ(SiとF) 優れた耐候性を持っています。更に遮熱性も高いため屋根用の塗装に使用されます。屋根は紫外線を浴びやすく雨も直接当たる場所なので変色が起こりやすいですが、この塗料は変退色防止性が優れていることから変色のリスクが少ないのが特徴です。屋根の塗料の中でアステックペイント人気NO.1です。 ④無機ハイブリットコートJY・無機ハイブリットコートJY-IR 低汚染に優れたセラミック成分を含んでおり、親水性が優れていて、汚れにくい塗膜表面を作ることができます。無機ハイブリットJY-IRは遮熱顔料を使用しているため、近赤外線を効果的に反射してくれて、室内の温度が高くなるのを防いでくれます。 ⑤スーパーラジカルシリコンGH 耐候性、防カビ性、低汚染性に優れています。ラジカルとは、塗料に色をつける顔料の主成分、『酸化チタン』が紫外線で影響を受けることで発生する劣化因子です。ラジカルが発生すると、樹脂の結合が破損され、塗膜の劣化が進行してしまいます。この塗料は塗膜の劣化因子ラジカルを抑えることで塗膜の劣化を抑制せてくれる効果を発揮します。 ⑥マックスシールドシリーズ 特徴として挙げられるのは、高耐候性・光沢感・低汚染・あらゆる場所への塗布が可能というところです。3種類あり、マックスシールド1500F-JYがフッ素系、マックスシールド1500Si-JYがシリコン系、マックスシールド1500U-JYがウレタン系と材料の違いで分かれています。 ⑦シリコン革命のシリコンREVO1000 劣化要因に強いシリコン成分を約3倍配合されており、耐候性、低汚染性、遮熱性に優れたハイクラスのシリコン塗料です。価格と性能のバランスがよく、多機能です。耐用年数も13年〜16年期待でき、それ以上の経過後も光沢保持率が80%を保ちます。無機顔料を使用しているため、変色や色褪せを起こしにくいのも特徴です。 ⑧フッ素REVO革命のフッ素REVO1000(‐IR) 従来のフッ素塗料以上の耐候性を発揮し、遮熱性、低汚染性などの機能もあり、高耐候性のハイクラスフッ素塗料です。耐用年数は約16年〜20年で、非常に長期間にわたり光沢感やその性能を維持してくれます。フッ素成分は耐候性が高くなる役割があり、このフッ素成分を約2倍配合されているのが特徴です。   その中で注目したいのが【グラナートSP】という塗料です。 この塗料は多彩模様塗料です。美しい石彫風の模様が建物に気品と高級感を与えてくれます。塗料の特性としては、①耐候性と耐久性、②高い防汚性、③水性塗料、④カラーバリエーション、⑤施工性、⑥優れた付着性、が挙げられます。多彩な模様のチップの配合により天然石を思わせるきれいな塗装が可能です。 中塗りの上に、『グラナートSP』を塗布することで、ランダムなザイズのチップと、塗料の光沢が、天然石のような立体感と深みを再現してくれます。10色のカラーバリエーションから選ぶことができて、イエロー系・レッド系から、全体を引き締めるアクセントカラーまで、豊富なバリエーションから選ぶことが可能です。 白がベースのマーブル、灰色がベースのダイオライト、ベージュがベースのグラニュライト、ピンクベージュがベースのトラカイト、赤茶色がベースのアイアンストーン、深い青がベースのブルートパーズ、チャコールがベースのキンバーライト、黒がベースのアンデサイト、焦茶色がベースのカカオグラニットがあり、それぞれベースカラーの上にチップが混合して高級感のある天然石風の塗装が出来上がります。 グラナートSPは、良質なアクリルシリコン樹脂を使用しているため、紫外線や雨風に対して高い耐候性を発揮してくれます耐用年数も15年で経過後も光沢感を損なわず、光沢保持率80%を保ってくれることが実証されています。外壁に付着する汚れやカビの発生を抑制してくれる効果もあるので、外壁の美観を維持してくれます。下地との密着性も高く、この特性によって、外壁の表面に均一な塗膜を形成してくれるため、塗料の剥がれや剥奪を防止してくれます。 一般的な塗装工程と類似していますが、一般的な施工工程に加えて『グラナートSP』の施工工程は少し違いがあります。 1.下地処理:塗装する外壁の下地を清掃し、汚れやカビ、藻などの汚れを洗浄して既存の塗膜を除去します。不均一な表面やひび割れがある場合、適切な補修を行います。 2.プライマーの塗布:下地処理後、外壁にプライマーを塗布します。プライマーは下地の密着性を高め、塗料の密着性を向上させる役割があります。 3.中塗りの塗布:『グラナートSP』の場合、プライマーの跡に中塗りを行います。中塗りは耐候性や耐久性を高め、塗料の密着性を向上させる役割があります。 4.仕上げ塗りの塗布:中塗りの後に、最終的な仕上げ塗料である『グラナートSP』を塗布します。均一な塗布を心がけ、外壁全体に塗料を均一に塗りつけます。 5.仕上げ:塗料が乾燥した後、外壁の仕上げを行います。不要なマスキングテープや保護シートを取り除き、外壁を清掃して美観を保ちます。 6.清掃と片付け:施工後、周囲の清掃を行い、施工現場を片付けます。余った塗料や廃棄物は適切に処理し、環境に配慮した施工を心がけます。 このような工程を適切に実地することで、『グラナートSP』を効果的に施工し、耐候性や美観を維持させることができます。 このように塗料の種類やメーカーもたくさんあります。デザインによって選定する塗料も違ってきます。塗料メーカーの詳細を確認し、塗料選びやデザインを決めましょう。   株式会社絆、プロタイムズ丸亀店、プロタイムズ坂出店では外壁診断、屋根診断、お見積もりはすべて無料です!お気軽にお問い合わせくださいね。 外壁診断・屋根診断はこちらから! 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ 施工事例はこちらから! ☆お電話でのお問い合わせ☆ 0120-802-407 株式会社絆プロタイムズ丸亀店・プロタイムズ坂出店電話受付時間 8:30~18:30 年中無休 記事担当〈プロタイムズ坂出店:宮川〉

続きはコチラ

スタッフブログお役立ち情報

2024.05.26 更新

外壁を彩るネイビーの種類や魅力と選び方のコツとは?

家の外壁を選ぶ際、色選びはその家全体の印象を大きく左右します。特に、個性的かつスタイリッシュな外観を望む家主にとって、適切な色の選択は重要なポイントです。今回は、ネイビーを基調とした外壁の美しさとその魅力に迫ります。   □ネイビーの種類とそれぞれの魅力   ネイビー色の外壁は、その深みのある色合いで、家全体に落ち着きと高級感をもたらします。ここでは、ネイビーの異なるバリエーションとそれぞれが持つ独特の魅力について掘り下げていきます。   1:ブルーの外壁   爽やかで明るい印象を与えるブルーは、広がりを感じさせる色です。自然や海を連想させ、心地よい雰囲気を家にもたらします。空や水面をイメージさせるブルーは、特に開放的な外観を求める方に最適です。   2:ネイビーの外壁   より深みと落ち着きを演出するネイビーは、シックで大人の雰囲気を醸し出します。ブルーよりも濃い色合いが、重厚感を演出し、洗練された外観を作り上げます。これは、モダンかつエレガントなスタイルを好む方に推奨される選択肢です。   3:ネイビーグレーの外壁   グレーが混ざることで、鮮やかさを抑え洗礼された上品な印象を与えるネイビーグレー。青みが強すぎると感じる方に適した、洗練されたデザインです。これは、落ち着いた色合いを好む方に特におすすめの選択肢と言えるでしょう。   □ネイビー外壁のための2つの重要なポイント   ネイビー色の外壁を選ぶ際は、ただ色を選ぶだけでなく、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。ここでは、特に注意すべき2つのポイントに焦点を当てて解説します。   *色あせと汚れの目立ちやすさ   ネイビーは色あせや汚れが目立ちやすい色です。特に砂埃や苔などの汚れは、ネイビーの外壁では目立ちやすくなります。これを防ぐためには、汚れに強い塗料の選択や、定期的なメンテナンスが欠かせません。   *つやの問題   ネイビー色の塗料は、つやがあると光の反射で目立ちやすくなります。落ち着いた印象にするためには、マットな塗料を選ぶことが推奨されます。 また、つや消し塗料は、耐用年数が短くなる可能性があるため、その点も考慮する必要があります。   □まとめ   ネイビー色の外壁は、家に豊かな個性と洗練された美しさをもたらします。その際、ブルー、ネイビー、ネイビーグレーの各色の特性を理解し、さらに色あせや汚れの目立ちやすさ、つやの問題に注意を払いながら選ぶことが重要です。これにより、長期間にわたって美しい外観を維持できます。

続きはコチラ

お役立ち情報

2024.05.22 更新

雨の日でも安心!水性塗料の選び方と上手な使い方

水性塗料を選ぶ理由は多岐にわたりますが、特にDIY愛好家や環境を考慮した家庭には、そのメリットが大いに評価されています。本記事では、水性塗料が雨の日にも強いとされる理由、選択すべき理由の詳細と共に、塗装時の留意点についても解説します。   □水性塗料の雨に強い性質と塗装時の留意点   水性塗料は、その名の通り水を主成分としており、塗装後の乾燥過程で水分が蒸発することで硬化します。このため、一度乾燥が完了すれば雨水による影響はほとんど受けません。 しかし、完全に乾燥するまでの間は非常にデリケートで、雨によるダメージを受けやすいのが実情です。そのため、以下の点に注意してください。   1:天気予報の確認   塗装を行う日は、事前に天気予報を確認し、雨が降る可能性が低い日を選ぶことが重要です。予報だけに頼らず、その日の気象状況もこまめにチェックしましょう。   2:乾燥時間の確保   水性塗料の乾燥時間は温度や湿度に左右されます。可能な限り、湿度が低く、気温が高い日中に作業を行い、塗料が表面だけでなく内部までしっかりと乾燥するよう時間を確保してください。   3:塗装面の下処理   塗装する面の汚れやほこりをしっかりと除去し、塗料が均一になるよう下処理を行うことも重要です。下処理を怠ると、塗料の密着性が低下し、雨天時に影響を受けやすくなります。   □水性塗料を選ぶべき理由とは?メリットとデメリット   水性塗料は多くのメリットを持ちますが、デメリットも存在します。ここでは、その両面を詳しく解説します。   *水性塗料のメリット   1:臭いが少ない   水性塗料は溶剤を使用していないため、作業中の臭いが非常に少なく、室内での使用にも適しています。   2:乾燥が早い   温度が適切であれば、水性塗料は比較的早く乾燥します。これにより、作業時間を短縮でき、効率よく塗装作業を進めることが可能です。   3:環境に優しい   揮発性有機化合物(VOC)の排出が少ないため、環境負荷が低く、使用後の廃棄も容易です。   *水性塗料のデメリット   1:低温時の乾燥の遅さ   気温が低いと乾燥が遅れるため、冬場の屋外での使用は避けた方が良いでしょう。   2:耐久性の問題   油性塗料に比べると、耐水性や耐久性が劣る場合があります。これにより、頻繁なメンテナンスが必要となることがあります。   □まとめ   水性塗料は、その環境性能と施工のしやすさから多くの場面で選ばれていますが、使用環境や目的に応じて適切な製品選びが求められます。この記事で紹介したメリットとデメリットを理解し、最適な塗料を選ぶことで、長期にわたって美しい仕上がりを保てるでしょう。

続きはコチラ

お役立ち情報

2024.05.21 更新

屋根のあれこれ!屋根材の種類や塗装の必要性!

香川県中讃地区を中心に地域密着、地域一番店を目標に活動させていただいております外壁屋根塗装・雨漏り専門店 株式会社絆〝プロタイムズ丸亀店〟〝プロタイムズ坂出店〟です! こんにちは。今日は屋根の材質や屋根塗装の必要性をみていきましょう。屋根にも種類があり種類によってメリットやデメリット、耐久性も違ったりします。よく使われる5種類の屋根材にわけて詳しく説明してみたいと思います。 目次・・ 1.屋根塗装の必要性 2.屋根の種類と特性 3.メリットとデメリット(屋根材別) 4.屋根塗装のオススメ時期は? 5.屋根の塗り替え目安とは?   1.屋根塗装の必要性は? 屋根塗装にはいくつかの必要性があります。まず1つ目は外部要因からの保護です。塗料は屋根材料を雨、風、紫外線、汚れなどから守り、劣化や腐食を防いでくれます。2つ目は、防水性です。屋根塗装によって屋根の表面を密閉し、雨水や湿気の浸透を防いでくれる効果があります。これによって、漏れ水や水損害のリスクを低減します。3つ目は、耐久性の維持です。塗装は屋根の耐久性を維持し、寿命を延ばす役割を果たします。定期的な塗装により、屋根材の劣化や色褪せを防ぎ、屋根の機能を維持してくれます。4つ目に、外観の美観です。屋根塗装は建物全体の外観に影響を与えます。新しい塗装は美しく見せ、古くなった外観を改善します。5つ目に、エネルギー効率の向上です。屋根を塗装することによって、屋根の表面温度を調整し、建物内部の温度を安定させる効果があります。これによって、暖房や冷房のエネルギー効率を向上させてくれる効果があります。最後に、メンテナンスコストの削減です。定期的な塗装によって、建物のメンテナンスコストを削減することができます。塗装により屋根の劣化や損傷を早期に発見し、修復できます。屋根の塗装の必要性がこんなにたくさんあると屋根塗装の重要性がわかりますね!   2.屋根材の種類と特性 (1)金属屋根:銅鉄、アルミニウム、亜鉛メッキ鋼などの金属が使用されています。耐久性が高く、メンテナンスが比較的簡です。雪の多い地域や海岸部などの厳しい気候にも適しています。 (2)瓦屋根:陶器製やコンクリート製の瓦があります。美しい外観と長寿命が特徴です。伝統的な雰囲気をもつ瓦屋根はあ、多くの地域で人気があります。 (3)アスファルトシングル屋根:比較的低コストで取り付けや修理が容易です。一般的に住宅や商業ビルでよく使用されます。 (4)コンクリートタイル屋根:瓦と同様に耐久性が高く、長期間にわたって美しい外観を持ちます。しかし、瓦より重い場合があります。 (5)スレート屋根:天然の岩石から作られており、高い耐久性とエレガントな外観ですが、コストが高い場合があります。 そのほかにも様々な屋根材があります。   3.屋根材別のメリット・デメリット (1)金属屋根 メリット①耐久性:金属屋根は一般的に非常に耐久性が高く、長期間にわたって保持されます。金属は腐敗しにくく、他の屋根材よりも長持ちします。 メリット②軽量:金属屋根は比較的軽量です。これは、建物の構造に対する負荷を軽減し、追加の補強が必要な場合を減らしてくれます。 メリット③メンテナンスが容易:金属屋根は一般的にメンテナンスが簡単です。定期的な点検や清掃のみで十分です。また、破損した部分を修理するのも比較的簡単です。 メリット④防火性:金属は燃えにくいため、火災のリスクを低減します。これは、住宅や建物の安全性を向上させてくれます。 メリット⑤エネルギー効率:金属は太陽光を反射する傾向があります。なので建物の温度を下げるのに役立ちます。これによって、夏の暑さや冷暖房費用を削減できる可能性があります。 メリット⑥環境への配慮:金属は再利用可能な素材であり、一部の金属屋根はリサイクルされた素材で作られています。また、金属屋根の寿命が長いため、廃棄物の量を減らすことができます。 それではデメリットもみてみましょう。 デメリット①高初期費用:金属屋根は他の屋根材と比較して、初期費用が高くなる場合があります。特に高品質な金属屋根を選択する場合は、コストが高くなります。 デメリット②雨音:金属屋根は雨音が大きいと感じる人がいます。特に軽量な金属材料や施工方法によっては、雨音が大きいと感じるようです。 デメリット③保温性:金属は熱を伝導しやすい素材なため、冬場には室内から熱が逃げやすくなる可能性があります。 デメリット④凍結と解凍:寒冷地域では、金属屋根が凍結されると、雪や氷が溶ける際に雨水が凍結して氷の層が形成されることがあります。これは、屋根の損傷を引き起こす可能性があります。 デメリット⑤設置時の注意が必要:金属屋根は専門的な技術が必要であり、施工不良があると屋根の耐久性や防水性に影響を与える可能性があります。 デメリット⑥塗装の劣化:一部の金属屋根には塗装がされており。時間とともにその塗装が劣化します。劣化が進むと、見た目や耐久性に影響を与えます。   (2)瓦屋根 メリット①耐久性:瓦屋根も非常に耐久性に優れており、長期間美しさや機能性を保ってくれます。適切にメンテナンスを行っていれば、数十年以上持続することも可能です。 メリット②美しい外観:瓦屋根は伝統的で美しい外観を持ち、建物に独特な魅力を与えます。異なるスタイルや色の瓦を組み合わせることで、独自のデザインを実現できます。 メリット③耐火性:瓦屋根は耐火性が高い素材なため、火災のリスクを低減します。 メリット④断熱性:瓦屋根は熱を逃しにくいため、冬場には室内の温度を保つのに役立ちます。これにより暖房費を削減できます。 メリット⑤音を和らげる:瓦屋根は雨音や風の音を和らげる効果があります。その重みと密度により、外部の騒音を軽減し、静かな居住環境を提供できます。 メリット⑥環境に優しい:自然素材である瓦屋根は、環境に優しい選択肢です。金属屋根と同様に、再利用可能な素材で作られています。 そしてデメリットにはこのようなものが挙げられます。 デメリット①重量:瓦屋根も比較的に重い材料です。建物の構造に対する負荷を増加させる可能性があります。このため建物が十分な強度を持っていることを確認する必要があります。 デメリット②高コスト:瓦屋根は、一般的に他の屋根材料よりも高価です。材料のコストだけでなく、設置に関する労働費も高くなることがあります。 デメリット③脆弱性:瓦は比較的脆い材料であり、適切な取り扱いが必要です。特に大きな物体が落下したり、強風や大雪の影響を受けたりすると、瓦が割れたり、破損したりする可能性があります。 デメリット④設置の難しさ:瓦屋根は施工が複雑で時間がかかります。屋根の形状に合わせて瓦をカットする必要性があるため、精密さが求められます。 デメリット⑤メンテナンスの必要性:瓦屋根には定期的なメンテナンスが必要です。特に積雪地域では、雪や氷の重みによる負荷を避けるため、雪を除去する必要があります。 デメリット⑥色やスタイルの限定性:瓦の種類やスタイルは限られており、他の屋根材料と比較してバリエーションが少ないです。そのため、建物のデザインに合わせる際に選択肢が制限されることがあります。   (3)アスファルトシングル屋根 メリット①低コスト:アスファルトシングルは低コストで入手できます。予算に制約のあるプロジェクトに適しています。 メリット②簡単な取り付け:アスファルトシングルは比較的軽量であるため、設置が簡単です。そのため、労働費を節約できます。 メリット③メンテナンスが容易:アスファルトシングルは通常、定期的なメンテナンスが必要ありません。基本的な清掃と点検を行えば、屋根の寿命を延ばすことが可能です。 メリット④多様なスタイル:アスファルトシングルは多様なスタイルと色が提供されており、建物の外観に合わせて選択することが可能です。 メリット⑤軽量:アスファルトシングルは比較的軽量のため、建物の構造に負担をかけにくいのが特徴です。そのため、追加の補強が必要なく、コストも減らすことができます。 メリット⑥防水性:アスファルトシングルは優れた防水性を持っています。雨水や雪水を効果的に屋根から排水し、建物内部を保護してくれます。 いくつかのデメリットもあります。 デメリット①寿命の短さ:アスファルトシングル屋根は比較的短い寿命を持ちます。一般的には15〜30年程度ですが、他の屋根材に比べて寿命が短い傾向にあるようです。 デメリット②気候への影響:極端な気候条件や日光の強い地域では、アスファルトシングル屋根は劣化しやすい傾向にあるようです。特に暑い気候では、太陽光や紫外線によって劣化が進みやすくなります。 デメリット③耐風性の限界:強風やハリケーンなどの厳しい気候条件下では、アスファルトシングル屋根は剥がれたり、損傷してりする可能性が高いです。 デメリット④保温性と断熱性の不足:アスファルトシングルは断熱性や保温性に乏しいため、冬場の暖房効率を低下させる可能性があります。 デメリット⑤環境への影響:アスファルトシングルはリサイクルが難しく、廃棄物として処理されることが一般的です。また、製造段階で環境に負担を与える化学物質が使用されることがあります。 デメリット⑥見た目の劣化:時間とともに、アスファルトシングルの色褪せ、劣化が進み、外観が損なわれることがあります。建物全体の外観が影響をうける可能性があります。   (4)コンクリートタイル屋根 メリット①耐久性:コンクリートタイルは非常に耐久性が高いため、長期間にわたってその美しさと機能性を保ちます。適切にメンテナンスすれば、数十年以上持続可能です。 メリット②美しい外観:コンクリートタイルも豊富な色やスタイルがあり、伝統的な外観やモダンな外観など、多様なデザインに対応します。なので、建物に独特な魅力を与えることができます。 メリット③耐火性・断熱性:コンクリートタイルは断熱性が高い素材であるため、屋根からの熱の放射を抑制し、建物内部の温度を保ってくれます。そして火災のリスクも低減してくれます。 メリット④耐風性:コンクリートタイルは強風や嵐に対しても耐性があり、風で剥がれるリスクが低いです。激しい気候条件下でも屋根の安定性が保たれます。 メリット⑤環境に優しい:コンクリートタイルは天然の素材であり、環境にやさしい選択肢です。これもリサイクル可能な素材になります。 主なデメリットはこれらです。 デメリット①重量:コンクリートタイルは比較的重たい材料であるため、これも建物に対する負荷がかかります。このため、建物の構造が十分な強度を持っていることを確認しておく必要があります。 デメリット②高コスト:コンクリートタイルは一般的に他の屋根材よりもコストがかかります。材料が高価なだけでなく、設置に関する労働費も高くなることがあるようです。 デメリット③取り付けの難しさ:コンクリートは重いため、取り扱いが難しいことがあります。設置も複雑なため、時間がかかる可能性があります。 デメリット④メンテナンスの必要性:コンクリートタイル屋根は定期的なメンテナンスが必要です。雪や氷の重みで負荷がかかるため、積雪地域では雪を除去する必要があります。 デメリット⑤破損のリスク:コンクリートタイルは比較的に脆弱な素材であり、大きな物体が落下したり、強風や大雪の影響を受けたりすると、破損する可能性が高いです。 デメリット⑥色褪せや劣化:コンクリートタイルは時間とともに色褪せや劣化が進み、外観の美観が損なわれることになります。   (5)スレート屋根 メリット①耐久性:スレート屋根は非常に耐久性が高いです。他の屋根材と同じで長期間、美観と機能性を保ってくれます。 メリット②色鮮やかな外観:スレートは豊かな色合いと独特の質感を持ち、建物に独自の魅力を与えます。様々な色やスタイルが豊富なため、建物のデザインに合わせた選択ができます。 メリット③耐火性:スレートは耐火性に優れています。火災のリスクを低減してくれる役割があります。 メリット④断熱性:スレート屋根は断熱性が高い素材であるため、屋根からの熱の放射を抑制し、建物内部の温度を保ちます。そのため、暖房や冷房の費用を節約することが可能です。 メリット⑤環境への配慮:スレート屋根も天然の素材であるため、リサイクルが可能です。また、製造段階でエネルギーの消費が比較的低いです。 メリット⑥低メンテナンス:スレート屋根は一般的に低メンテナンスです。点検や清掃は必要ですが、他の屋根材に比べて、修理や交換の必要性が低い場合が多いです。 そしてデメリットもみてみましょう。 デメリット①高コスト:スレートは高品質な天然岩石から作られているため、材料費が高くなります。施工費も高くなることがあるようです。 デメリット②重量:スレートは重い素材であるため、適切な補強が必要な場合があります。建物の構造に負担をかける可能性があるため、建物の設計や補強が必要になる可能性があります。 デメリット③取り扱いの難しさ:スレートは脆い材料であり、取り扱いに慎重さが求められます。施工中のメンテナンス時に割れたり破損する可能性があります。 デメリット④修理の難しさ:スレートは破損すると修理が難しい場合があります。交換が必要な場合もあり、交換用のスレートを見つけることが困難な場合もあります。 デメリット⑤維持管理の必要性:スレート屋根は定期的なメンテナンスや点検が重要です。藻やコケの発生、石灰化、表面の劣化などが問題となることがあります。 デメリット⑥経年劣化:スレートも他の屋根材と同じく、時間とともに色褪せや表面の摩擦が起こります。長期間の使用により、外観や耐久性が低下する可能性があります。 これらの屋根材の種類やメリット・デメリットを考慮して、建物のニーズやお住いの地域の気候条件、予算やメンテナンスの可能性などに合わせた屋根選びをしてください。   3.屋根塗装のオススメ時期は? 屋根塗装をする時期(季節)はいつがいいのでしょうか?気候が安定しているため春が多くの地域で屋根塗装に適しているのではないでしょうか。梅雨や台風の多い夏は計画通り施工ができない可能性があります。なるべく気候が荒れる時期は避けましょう。   4.屋根塗装の塗り替えの目安は? 屋根塗装の塗り替え目安は、屋根材料・気候条件・塗料の種類など様々な要因によって異なります。いくつか一般的な目安を上げてみます。 ★塗料の耐用年数・・塗料の耐用年数は一般的に5〜15年ほどです。塗料のラベルや製造元の指示に従って、塗料の寿命を確認しましょう。 ★屋根材料の劣化状態・・屋根材料の劣化や経年劣化の度合いによっても、塗り替えの必要性が異なります。剥がれ、ひび割れ、変色などのサインがみられたら早めに塗り替えましょう。 ★地域の気候条件・・気候条件は塗料の劣化を加速させる要因です。特に強風や紫外線、雨水などの影響を受けやすい地域では、定期的な塗り替えが必要です。 ★視覚的なサイン・・屋根の色あせや腐食、汚れが目立つ場合は、塗り替えの必要性が高まります。建物の外観に異常がみられる場合は、塗装会社に相談してください。   今日は屋根の種類や特徴について詳しくみてみました。お住まいを守ってくれている屋根の重要性がわかりますね!リフォームや建て替え、塗り替えを検討中の方は屋根のメリット・デメリットなど、工事期間についても参考にしてみてください!   株式会社絆、プロタイムズ丸亀店、プロタイムズ坂出店では外壁診断、屋根診断、お見積もりはすべて無料です!お気軽にお問い合わせくださいね。 外壁診断・屋根診断はこちらから! 坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ 施工事例はこちらから! ☆お電話でのお問い合わせ☆ 0120-802-407 株式会社絆プロタイムズ丸亀店・プロタイムズ坂出店電話受付時間 8:30~18:30 年中無休 記事担当〈プロタイムズ坂出店:三好〉

続きはコチラ

スタッフブログお役立ち情報

2024.05.18 更新

外壁は木目のトタンで決まり?コストパフォーマンスとデザイン性を兼ね備えた理由

住宅オーナーやリノベーションに関心を持つ方々に向けて、コストパフォーマンスとデザイン性のバランスを重視するという視点から、トタン外壁材の選択肢を提案します。 この記事では、トタン外壁のメリットとしてのコスト効率の良さ、耐震性の向上、耐久性、そして木目デザインの美観性について掘り下げていきます。住宅の外観を決める大切な要素として、これらの特性がどのように役立つのかを詳しく解説します。   □トタン外壁が選ばれる3つの理由   トタン外壁が建築材料として広く採用されるには、その優れたコストパフォーマンス、耐震性への貢献、そして高い耐久性が理由です。   *コストパフォーマンスの高さ   トタンは他の外壁材料と比較しても、部材が安価であるため、全体の建築コストを抑えられます。これは特に予算に限りがある住宅オーナーにとって重要なメリットです。   *耐震性の向上への貢献   トタンの軽量性は、建物全体の重量を軽減し、その結果、地震発生時の建物への負担を低減します。これにより、耐震性の向上が期待されます。   *意外にも高い耐久性   トタンは耐久性が高く、適切なメンテナンスを行うことで、長期間にわたってその性能を維持できます。また、耐候性に優れ、様々な気候条件下でもその性能を発揮します。   □新時代の外壁である木目デザインのトタン   近年のトタン外壁は、ただ堅牢で経済的な選択肢であるだけでなく、デザイン性にも優れており、特に木目デザインのトタンはその美しさで多くの住宅オーナーから評価されています。木目デザインは、本物の木材の風合いを持ちながら、トタン特有の耐久性や機能性を損なうことなく、外観を大きく向上させる役割を果たしています。   1:視覚的魅力   木目デザインのトタン外壁は、自然な木の美しさを模倣し、住宅の外観に温かみと高級感をもたらします。これにより、モダンな住宅設計においても非常に求められる選択肢となります。木目調のデザインは、実際の木材と見間違えるほど精巧に作られており、自然に調和する外観を実現しています。 さらに、この外壁は独特の質感と色合いで、建築物の美観を一層引き立て、目を引く外観を作り出します。   2:機能性とメンテナンスの容易さ   木目デザインのトタンは、その軽量性により耐震性を提供する一方で、メンテナンスの手間を減らせます。耐候性に優れ、定期的な塗り替えの必要が少ないため、長期的なコスト削減にも寄与します。 さらに、この種の外壁材は、摩耗や劣化に対しても強い耐性を持っており、厳しい気象条件にも耐えられます。これにより、住宅オーナーは外壁の美観を長期間保つことができ、経済的負担も軽減されます。   □まとめ   トタン外壁は、コスト効率の良さ、耐震性の向上、そして耐久性といった機能性を備えているだけでなく、木目デザインによって美観も兼ね備えています。これらの特性が、住宅オーナーにとって魅力的な選択肢を提供し、より良い住宅設計を実現するための重要な要素となるでしょう。

続きはコチラ

お役立ち情報

2024.05.17 更新

屋根塗装のタイミングを見極める!あなたの家を守る秘訣をご紹介!

家の維持管理に関心が高い方の中には、長期的なメンテナンスコストを削減するために、屋根塗装の最適なタイミングを把握することを重視している方もいらっしゃると思います。屋根塗装の重要性を理解し、さまざまな材料の塗り替え時期に関する知識を持つことで、適切なメンテナンス計画を立てられます。 本記事では、屋根塗装の必要性と各種材料に適した塗り替え時期を詳しく解説し、屋根を長持ちさせる秘訣を紹介します。 □屋根塗装のタイミングとは?見逃せないサインとその影響 屋根塗装の適切なタイミングはいつでしょうか。屋根塗装を放置すると、家全体に大きなダメージが及ぶリスクがあります。ここでは、塗装を怠ることによって生じる主な問題点を3つ挙げて説明します。 1:雨漏りのリスク 塗装は屋根材を保護し、雨水の浸透を防ぐ重要な役割を持っています。塗料が劣化すると、雨水が屋根に浸透しやすくなり、最終的には建物内部への浸水や雨漏りを引き起こす原因となります。 2:屋根材の劣化と破損 塗装の劣化は、屋根材自体の損傷にもつながります。屋根材が雨や外気の影響を直接受けると、反りやひび割れが生じやすくなり、最悪の場合、屋根材の落下や破損に至る恐れがあります。 3:修繕費用の増大 放置された屋根塗装は、小規模なメンテナンスだけでは対処できなくなる可能性があります。屋根の葺き替えなど大規模な工事が必要になると、当然、修繕費用も高額になります。 □春は屋根塗装に最適な季節 屋根塗装に適した時期の選定は、作業の質と塗料の耐久性に直結します。特に、春は屋根塗装に最適な季節です。以下では、春がそのように考えられている理由を解説します。 *安定した気温と乾燥条件 春は気温が安定し、過度に高温や低温にならないため、塗料の適切な乾燥に最適です。気温が低すぎると塗料が硬化せず、高すぎると乾燥が早すぎるため、春の適度な気温は塗料の品質を保ちます。 *湿度のバランス 春の湿度は適度で、乾燥しすぎず湿度も高すぎません。これにより、塗料がしっかりと定着し、高い仕上がりを実現できます。 *作業員の快適性 春の穏やかな気候は作業員にとっても作業しやすい環境を提供します。快適な作業環境は作業効率と質を向上させ、より高品質な仕上がりをもたらします。 □まとめ 屋根塗装の重要性と、最適な塗装時期について理解することは、家の長期的なメンテナンスと資産価値の維持に不可欠です。塗装の放置は雨漏りや屋根材の劣化など、さまざまな問題を引き起こす可能性があります。 また、春の気候は屋根塗装に最適であり、適切なタイミングでの作業は屋根の美観と耐久性の維持に寄与します。この記事を参考に、適切な屋根塗装計画を立ててみてください。

続きはコチラ

お役立ち情報

代表からのメッセージ

株式会社絆

代表取締役脇 歩実

お役立ち情報での外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社絆にご相談ください!

ホームページを見てくださりありがとうございます。
株式会社絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。その中でも外壁屋根塗装に特化した会社です。

「絆さんに頼んでよかった」「いい工事が出来た」と工事が終わった後お客様からお声をかけてもらえる事にすごくやりがいを感じています。

施工した物件の近くをたまたまに通った時に綺麗なままのお家や建物を見ると嬉しく感じ工事をした当時を思い出し励みになります。
私自身生まれ育ったお家が綺麗になり感動した1人です。「家が息を吹き返したみたい」と母がすごく喜んでくれた事を鮮明に覚えてます。
その感動を施工を通じてお客様に届けたいと言う気持ちでお仕事させてもらってます。

・今から住み続けるお家をきれいに長持ちさせたい。
・だいぶ古くなり傷んだのできれいにしたい。
・次の世代に残してあげたい。
等お客様の「想い」に全力で応え地域の皆様と信頼関係を築き末永くお付き合いさせ頂けたらと思います。まずは相談、診断、見積もりと言った無料のお仕事から絆のお仕事、人柄や態度等を見てもらえれば幸いです。

社員一同今の現状に満足せず成長、進化し更に良いサービスを提供出来る様精進して参りますので今後ともよろしくお願いします。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    〒763-0093 香川県丸亀市郡家町3424
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 9:00~18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    〒762-0006 香川県坂出市旭町3丁目7-8
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 9:00~18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 高松本社・お客様センター

    • 高松本社・お客様センター
    • 高松本社・お客様センター
    高松本社・お客様センター アクセスマップ
    高松本社・お客様センター

    〒760-0023 高松市寿町2-2-10プライムビル 4F

    ショールームについて詳しくはコチラ

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
香川県丸亀市・坂出市・善通寺市を中心に地域密着対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

丸亀市・坂出市・善通寺市・まんのう町・琴平町・宇多津町・多度津町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 絆が選ばれる5つの理由
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • 絆の無料建物診断・お見積り

地域密着の外壁屋根専門店です

絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-802-427電話受付時間 9:00~18:30 年中無休

現場ブログ

スタッフ紹介

丸亀市・坂出市・善通寺市の
塗装は私達にお任せ下さい!