MENU CLOSE

丸亀市を中心に中讃エリアの外壁塗装・屋根・雨漏りは絆にお任せ | 絆(プロタイムズ丸亀店・坂出店)

来店予約+見積り特典Quoカードプレゼント

0120-802-4279:00~18:30 年中無休

活動ブログ 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 外壁塗装をする際に塗れない箇所は!?「付帯塗装について」

外壁塗装をする際に塗れない箇所は!?「付帯塗装について」

スタッフブログお役立ち情報

2024.04.16 (Tue) 更新

香川県中讃地区を中心に地域密着、地域一番店を目標に活動させていただいております外壁屋根塗装・雨漏り専門店 株式会社絆〝プロタイムズ丸亀店〟〝プロタイムズ坂出店〟です!

今日は、「付帯塗装」についてご説明いたします!
外壁塗装を行う場合に、雨樋やクーラーカバーなど外壁や屋根以外の細かい部分も一緒に塗装しますがそれらのことをまとめて「付帯」と言います。付帯はそれぞれ役割があり、建物を守るために必要な部分ですので、定期的に防水塗装をしてしっかりメンテナンスする必要があります。
まずは、どのようなものがあるのかご紹介していきますね。
分かりやすいように一般的なお家の写真を見てみましょう。聞きなれない名前もあるかと思いますが一つ一つ説明していきます!これらを理解しておけば、見積もりを取った場合にも分かりやすいと思いますので、参考にしてください!

窓枠のサッシ回り

●雨樋
雨樋(あまどい)は、雨が降った時に、建物の屋根から雨水を集めて排水するための管や溝のことです。屋根の端や斜面に設置されており、雨水を集めて地面や排水路に導く機能があります。雨樋は雨水の浸入がお家にダメージを与えるのを防ぐためにとても重要な部分です。また、建物の基礎や壁面、まわりの土地を保護する効果もありますね。一般的な素材としては、金属製(鉄やアルミニウムなど)、プラスチック製、または陶器製などが使われます。一部の日本家屋では銅製も使われています。雨樋は建物の構造や地域の気候条件に応じて設計され、機能的で美しい外観を持たせることが多いです。

●鼻隠し
「鼻隠し」とは、建物の屋根や庇(ひさし)の端部に設置されるもので、雨樋から雨水を受けるための部材の一部を指します。通常、鼻隠しは直角に曲がった形状をしており、雨水が勢いよく流れる際に建物の外壁や地面に水しぶきが跳ねるのを防ぎます。これにより、建物の外壁や周辺の土壌を保護し、建物の外観を美しく保ちます。また、鼻隠しは雨樋と組み合わせて効果的に雨水を排水する役割も果たします。材質は、木製、モルタル(一昔前の住宅はモルタルの外壁が多かったため。現在は少ないです。)、木製の鼻隠しにガルバリウム鋼板などを被せたもの、窯業系(セメントやセラミックス等の複合材)などが主流です。

●破風板
破風板(はふんばん・はふいた)は、屋根の端部分や垂直な部分に取り付けられる建材の一つです。屋根の先端部分や屋根の下側を覆い、外部からの風や雨水が屋根裏や建物内部に浸入するのを防ぐ機能があります。また、破風板は屋根の構造を保護し、耐久性や防水性を高める役割も果たします。破風板は一般的に木材、金属、プラスチックなどのさまざまな素材で作られています。形状は直線的なものから装飾的なものまでさまざまです。外観だけでなく、建物の耐久性や保護機能を考慮して、適切な素材や形状の破風板が選ばれています。

●ケラバ
ケラバとは屋根の一部になります。通常屋根は、外壁より出ていると思いますが、その出ている部分のうち、雨樋がついていない側のことをいいます。ケラバの役割は主に3つあいり、まず1つめは「日当たりを防ぐ効果」です。夏場は直射日光が窓ガラスに当たるのを防ぎ、冬場は日が低いので、日光を取り込めるのです。2つめは「屋根の内部に雨水が入るのを防ぐ効果」です。屋根を接合している部分にあるので水の浸入を防いでくれます。そして3つめは、「外壁の劣化を防ぐ効果」です。ケラバがあることで、雨水だけでなく紫外線による外壁の劣化を防ぐ効果があります。最近のお家で、デザイン重視の方はケラバを設置しない方もいらっしゃるようですが、とても重要な部分ですので、新築の際はよく検討される方がいいかと思います。

●矢切り
矢切り(やぎり)とは外壁と屋根の間のスペースになります。雨が降った場合にも雨水がかかりにくい場所ですので、換気口などを付けているお家が多いですね。伝統的な日本家屋に見られる特徴的な部分で、外観のデザインとしても美しいですね。木製の矢切りが多く、現在のお家ではついていないことが多いかもしれません。雨水が外壁に跳ねることを防止し、建物内部を守る役割があります。木製の矢切りの場合はどうしても劣化してきますので、2回目の塗装を行う場合などは、取り除く方もいらっしゃいます。

●笠木
笠木とは、バルコニーやベランダなどの上部に付ける仕上げ材です。材質は、アルミ、トタン、ガルバリウム鋼板などが多いですね。外壁やお家の躯体を雨や風、汚れなどから保護する役割があります。あまり知られていませんが、笠木の継ぎ目の劣化などからの雨漏りが起こる事例も多いのです。金属製の場合は「錆び」などに注意が必要です。

●ベランダ・バルコニー
こちらは説明不要かもしれませんが、家屋の母屋から張り出した部分です。豆知識として1つ、広いのがバルコニーと思っている方も多いですが、屋根があるものが「ベランダ」でないものが「バルコニー」になります。

●軒天
軒天とは、建物の外壁から出ている屋根の裏側(天井)のことをいいます。こちらも見積もりなどでは必ずある場所ですね。よくある建材は、べニア合板やケイカル板などで塗装されることで防水機能があるところです。裏側なので大丈夫かと思われがちですが、屋根の一番下の部分なので、雨漏りが出やすい箇所でもあります。したがって、塗装メンテナンスの際は一緒に塗装することがおすすめです。劣化が進んでいる場合は、張り替えがベストです。

●雨戸
こちらもよく知られていますが、雨や風、特に台風などの強風からお家を守るために窓の外側に取り付けられた板戸のことですね。昔のお家では木の雨戸が多かったですが、最近は従来の「引き戸タイプ」「折れ戸タイプ」「シャッタータイプ」などがあり、雨風から保護する役割の他にも防犯効果や遮光、室温維持などの役割もあります。最新のものは電動式も多く開け閉めの手間が省けますので人気のようです。

●入り隅・出隅
建物の「角」を表す用語で壁や柱などの2つが角度をもって交わった場所で、内側に溝になっているところを「入り隅(いりすみ)」、逆に出っ張ったところは「出隅(ですみ)」と呼ばれます。ちなみに、これらが多い複雑な形をした建物の面積が増えますので、その分、お家を建てる際のコストや、メンテナンス塗装の時に高くなります。

●小庇(こひさし)
お家の窓の上部にある小さな屋根のことです。霜よけと呼ばれる場合もあります。ちょっとした部分ですが、こちらも重要な役割があり、ない場合と比べると建物への影響が大きいです。昨今の窓は昔に比べ、雨漏りしにくくはなっていますが窓のサッシ周りのシーリングが劣化すると雨が浸入する可能性が高くなります。ですので紫外線や雨から守ってくれますので大切な部分です。また、小雨程度であれば窓を開けることもでき、よくある雨による「雨だれ」などの汚れや劣化を防ぐ役割もありますね。また、庇があることで夏の真上からの直射日光を遮る事ができ室温の変化も防ぐことができます。

●水切り
水切りとは、基礎部分と外壁の間にある、周囲をぐるっと囲んでいる部分になります。窓やベランダなどの下部にも設置されていることがありますが、役割は他と同様に雨水から建物を守るためです。基礎部分や室内への水の浸入を防ぎ、腐食や劣化をしにくくしていますので、重要な部分です。

その他にもクーラーカバーや換気フードなど細かい部分はありますが主な部分はご紹介できたと思います!

では、外壁塗装工事で「塗装できない箇所はあるの?」
という疑問にお答えしますね。あらゆるものに塗装できる塗料がありますが、お勧めできない箇所もあるのです。それは、塗装できない場所ということではなく、「塗装できない材質」があるという事です。

◆アルミ・鋳物
窓のサッシやカーポートなどによく使用されているのがアルミです。鋳物とは、溶かした金属を流し込んで形作られて物をいい、門扉などで使用されている場合がありますね。これらは、塗装をしてもすぐに剥げてきてしまうのです。どうしても塗装したい場合は、専用の下塗り剤などを使いますが、塗装会社ではまずしてくれないことが多いでしょう。塗装したときはきれいでも、剥げてきてしまってはトラブルになってしまうからです。もちろん施工してくれた場合でも、まず保証の対象がになります。

◆銅
小庇や屋根の水切り、樋などに使用されていることがありますが、こちらも塗装できない材質になります。塗装してもすぐに剥がれてしまいます。銅製の雨樋ははじめは黄金色で美しく、数年たつと緑青(ろくしょう)と呼ばれる酸化皮膜ができ、耐久性があがり30年近くもつともいわれていますが、穴があく事例も多いです。その場合は板金職人さんに補修してもらうことはできます。しかし、足場設置などの費用もかかり、数年後には別の個所に穴があくこともあることから、塗装工事の際に塩ビの樋にする方も多いです。

◆ステンレス
ステンレスはクロムと鉄からできた合金で、アルミや銅と同じく錆びにくい金属ですが塗装はできません。塗装してもすぐに剥がれてきます。

結果的に、「鉄製」以外の金属の場合は塗装できないということになりますね。ただ、その代わりに錆びにくいという性質を持っていますので、塗装しなくても大丈夫ということでもあります。

最後に塗装することができない屋根材について、ご説明します!
「塗装できない屋根材があるの?」「メンテナンスはどうするの?」そんな疑問にお答えしていきますね。
まず、塗装できない屋根とは、ノンアスベストの屋根になります。昔は、安価で断熱性や防音・防火性にも優れ薬品などにも強かったため、多くの建材や工業製品などに使用されていたアスベスト(石綿)ですが、人体への悪影響から2004年に使用禁止となりました。そのため、アスベスト禁止後に販売されたノンアスベストの屋根がいくつかあったのですが、耐久性や強度が弱く、現在は販売されていません。このノンアスベストの屋根は塗装しても劣化を早めてしまうなどの点から、塗装できない屋根としてあげられます。
ミパール屋根、コロニアルNEOなどがあります。
では、そのような屋根の場合のメンテナンスについてご紹介します。
1つは、「屋根の葺き替え」です。
工事金額は高くなりますが、お家の寿命を考えると一番おすすめです。葺き替える場合は、下地の状態も確認でき、下地も新しくすることができますので安心できます。
2つめは「カバー工法(重ね葺き)」です。
既存の屋根を覆うように新しい屋根を施工する方法で、屋根の撤去費用や処分費がかからないので、葺き替えよりも安くすることが可能です。しかし、下地などの劣化や腐食が進んでいる場合はできませんので、専門業者にきちんと診断してもらいましょう!

最近はDIYブームで、塗装もご自分でされる方も多いでしょう。ホームセンターにもDIYコーナーが充実しており、多くの道具や製品が販売されていますのでちょっとした補修やメンテナンスができる便利な商品も増えてきています。家庭用塗料もありますので、刷毛やローラーを使い、小物などを塗装するのは楽しいですよね。
しかし、外壁や付帯部分などの補修やメンテナンスはおすすめできません。なぜなら、どの程度のメンテナンスが必要か、またどのような補修方法が最適かなどがプロでないと判断が難しいからです。実際にあった事例ですが、
「錆びた鉄部にそのまま塗装し、剥がれてしまった」
「仕上がりにムラができてしまった」
「他の場所に塗料が飛び散ってしまった」
などなど、後々のトラブルも多いのです。

特に、外壁や屋根の塗装には技術も要し素人では難しいのが現状です。そして何より大切なのが、適切な外壁診断と屋根診断です!プロが見れば、どの部分の劣化が酷く、補修が必要なのか適切な塗料は何かなど判断することが可能です。塗装会社によって使用する塗料などに違いはありますが、耐用年数も長く、保証がありますので施工後のトラブルも避けることができます。
そして、新築してから10年を目途に、一度じっくりお家の周りをチェックしてみましょう!気づかなかった汚れやひび割れなどを発見したら、なるべく早く診断を依頼してみることが大切ですね!

株式会社絆、プロタイムズ丸亀店、プロタイムズ坂出店では外壁診断、屋根診断、お見積もりはすべて無料です!
お気軽にお問い合わせくださいね。

外壁診断・屋根診断はこちらから!

坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

施工事例はこちらから!

☆お電話でのお問い合わせ☆

0120-802-407

株式会社絆
プロタイムズ丸亀店・プロタイムズ坂出店
電話受付時間 8:30~18:30 年中無休

記事担当〈プロタイムズ坂出店:柴垣〉

代表からのメッセージ

株式会社絆

代表取締役脇 歩実

ホームページを見てくださりありがとうございます。
株式会社絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。その中でも外壁屋根塗装に特化した会社です。

「絆さんに頼んでよかった」「いい工事が出来た」と工事が終わった後お客様からお声をかけてもらえる事にすごくやりがいを感じています。

施工した物件の近くをたまたまに通った時に綺麗なままのお家や建物を見ると嬉しく感じ工事をした当時を思い出し励みになります。
私自身生まれ育ったお家が綺麗になり感動した1人です。「家が息を吹き返したみたい」と母がすごく喜んでくれた事を鮮明に覚えてます。
その感動を施工を通じてお客様に届けたいと言う気持ちでお仕事させてもらってます。

・今から住み続けるお家をきれいに長持ちさせたい。
・だいぶ古くなり傷んだのできれいにしたい。
・次の世代に残してあげたい。
等お客様の「想い」に全力で応え地域の皆様と信頼関係を築き末永くお付き合いさせ頂けたらと思います。まずは相談、診断、見積もりと言った無料のお仕事から絆のお仕事、人柄や態度等を見てもらえれば幸いです。

社員一同今の現状に満足せず成長、進化し更に良いサービスを提供出来る様精進して参りますので今後ともよろしくお願いします。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    〒763-0093 香川県丸亀市郡家町3424
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 9:00~18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    〒762-0006 香川県坂出市旭町3丁目7-8
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 9:00~18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 高松本社・お客様センター

    • 高松本社・お客様センター
    • 高松本社・お客様センター
    高松本社・お客様センター アクセスマップ
    高松本社・お客様センター

    〒760-0023 高松市寿町2-2-10プライムビル 4F

    ショールームについて詳しくはコチラ

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
香川県丸亀市・坂出市・善通寺市を中心に地域密着対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

丸亀市・坂出市・善通寺市・まんのう町・琴平町・宇多津町・多度津町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 絆が選ばれる5つの理由
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • 絆の無料建物診断・お見積り

地域密着の外壁屋根専門店です

絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-802-427電話受付時間 9:00~18:30 年中無休

現場ブログ

スタッフ紹介

丸亀市・坂出市・善通寺市の
塗装は私達にお任せ下さい!