MENU CLOSE

丸亀市を中心に中讃エリアの外壁塗装・屋根・雨漏りは絆にお任せ | 絆(プロタイムズ丸亀店・坂出店)

来店予約+見積り特典Quoカードプレゼント

0120-802-4278:30~18:30 年中無休

活動ブログ 塗装に関する豆知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 活動ブログ > 雨漏りの原因!修理方法を知りたい!!

雨漏りの原因!修理方法を知りたい!!

スタッフブログお役立ち情報

2024.04.04 (Thu) 更新

香川県中讃地区を中心に地域密着、地域一番店を目標に活動させていただいております外壁屋根塗装・雨漏り専門店 株式会社絆〝プロタイムズ丸亀店〟〝プロタイムズ坂出店〟です!

ここ最近雨が続き、弊社にもお問い合わせが多い雨漏りについて、原因や修理方法についてご紹介しようと思います。

①雨漏りの原因
 ・屋根の破損
 ・防水シートの劣化
 ・雨樋・排水
 ・シーリング
 ・外壁のひび割れ

②雨漏りの修理方法(屋根)
 ・瓦差し替え
 ・防水シート
 ・谷板金
 ・瓦葺き替え

①雨漏りの原因
まずは、雨漏りの原因からみていきましょう。雨漏りは、建物に何か問題があるために起こるのですが、その原因も様々です。ここではよくある原因について解説いたしますね。

●屋根の破損
屋根の瓦やカラーベストなどの屋根材に破損や崩れが起こった場合、その損傷している所から雨水が浸入します。台風の時の飛来物の衝突によってできたひび割れや、劣化による瓦のズレ、漆喰の劣化などもあります。瓦のひび割れは、衝突物のような外的要因だけでなく、凍害や塩害などでも起こりますので注意が必要です。

●防水シートの劣化
防水シートは屋上や屋根に使われているもので、雨漏りを防ぐ効果がありますが、気温や湿度などの外的要因や防水シート自体が劣化してしまうと、膨れたり破れたりする場合があります。特に結合部分や端部分の接着している箇所が剥がれ、雨水が入ってきたり、膨れた場合には勾配に関わり、水たまりができてしまうことで劣化が進みます。そのため、排水の詰まりなどにも注意する必要があります。

●雨樋、排水
これは意外と思われる方もおおいのですが、雨どいや排水が詰まることも原因の一つになります。雨樋は建物にとってとても大切であり、雨水をしかるべき場所に誘導し、停滞させない役割があります。注意点は主に3つあり、1つめは、ゴミや落ち葉、泥などによる「詰まり」です。雨樋が詰まってしまうと、屋根からの雨水がたまり、溢れることで本来排水させるところではない外壁などに流れることになり、そのことが原因で内部に浸水するからです。そして2つ目は「ヒビ割れ・外れ」です。こちらも屋根同様に紫外線や熱による劣化や外的な要因で起こったひび割れや外れにより雨水が漏れてしまい雨漏りにつながります。最後は「勾配」です。樋は勾配が重要なのですが、劣化による歪みにより雨水が溜まってしまう箇所があれば原因のひとつになります。ですので、見逃してしまいがちですが、樋が壊れたり歪んでいた場合は放置せず、専門家に点検してもらい、補修や修理は早めにお願いしましょう!

●シーリング
窓のサッシ周りや天窓にはコーキング(シーリング)剤が使用されていますが、そのコーキングが劣化して防水機能が低下していると、そこから雨水が入り込み、建物内部に浸水すると雨漏りの発生につながります。またコーキングは現在多くの外壁材として使われている“窯業系サイディング”の目地にも使用されていますので、同じようにひび割れや劣化から外壁内部に雨水が浸み込んでしまいます。特に外壁からの雨漏りは発生箇所を特定することも難しく、雨漏りしてからでは修理費用が高くなりますので、定期的なチェックは必ず行うようにしましょう!コーキングの劣化症状にもよりますが、既存のコーキングに補充する場合と、劣化が進んでいる場合は既存のコーキングを取り除き、新しくする方法がありますので診断結果によって専門家に判断をしてもらうのが最適です。

●外壁のヒビ割れ
外壁からの雨漏りに関しては、大きく2つあり、1つは先ほどのコーキングの劣化です。そしてもう一つは、外壁のヒビ割れからの雨漏りになります。窯業系サイディングの場合、通常はサイディングボードの内側には防水シートが貼られているため、ひび割れた箇所から浸水してもすぐに雨漏りはしないよう建てられていますが、サイディングボードの防水塗装が切れている場合は雨水を吸収しては乾燥を繰り返すため反ってしまったり、それによってできた隙間やひび割れ箇所から雨水が入り、内側の防水シートの劣化が進んでしまうケースもあります。ですので窯業系サイディングだけでなく、外壁は10年経過後からは定期的にメンテナンスをして建物の寿命を長くする必要があります!雨漏りしてしまった時の修理はボードの張り替えやカバー工法、左官工事などに発展することがあるので気になるところがあれば、専門家の意見を聞くことをおすすめします!

②雨漏りの修理方法(屋根)
では実際に雨漏りが起こってしまった時にどのような補修、修理が必要になってくるかをご紹介します!今回は屋根からの雨漏りについて4つの修理方法についてご説明しますので参考にしてくださいね。

●瓦差し替え
高い耐久性があり、日本家屋にはぴったりの瓦の屋根ですが、台風の飛来物や外的要因によりヒビが入ったり割れたり、ズレが起こることはもちろんあります。その場合、古くなっている瓦や破損した瓦を交換する作業になります。破損した瓦を確認し、新しい瓦を選びます。よく似た瓦でも形やサイズ、材質は様々ですので適切なものを選定する必要があります。そして、瓦を取り除くときに、下地の点検をし、必要があれば補修や補強などを行います。その後、新しい瓦を設置して仕上げます。部分修理となりますので、下地全体が劣化している場合は、部分的に補修しても雨漏りが再発する可能性もあります。瓦の下地には防水シートがありますので、瓦が破損したことですぐに雨漏りにつながることは稀ですが、そのまま放置すると、建物内部に雨水が入り、それが室内までに及ぶとカビが生えたり、漏電の危険性が増したり、柱などの木が腐食し白アリが発生したりと2次被害も深刻な状態になりかねません。
陶器瓦の寿命は60~80年とされ、コケなども生えにくい優秀な屋根材ですが、破損してしまっては意味がありません。ズレが起こったり破損した場合は部分補修で瓦の差し替えを行い、雨水の浸入を早めに防ぎましょう。
セメント瓦は昔主流だったもので、耐用年数も30年前後と長く、人気でしたが表面の防水機能が低下すると、ひび割れが起こることがあり、雨漏りの原因の一つになります。ただ、セメント瓦は現在ほとんど使用されておらず、差し替えをするための同じ材料の瓦が手配できないことがありますので注意が必要です。
建物が古く、後々相続する方もいない場合など、とりあえず雨漏りしている所だけの部分補修だけで構わないというお客様もよくいらっしゃるのですが、古い建物の場合は原因が瓦の破損だけとも言えない場合が多いのが実情です。雨漏りしている所を補修すると、一時的に修繕はできますが、次の年には別の場所が雨漏りしてしまったという事も実際に起こります。それは、瓦の下地や防水シートが経年劣化が進んでおり、台風や大雨で別の所が浸水してしまったりするからです。このようなことを防ぐためにも、割れたり破損した瓦は、早めに交換することをおすすめいたします。
瓦の材料費は大した金額ではありませんが、職人の人件費がかかりますので、瓦一枚だけの交換でも材料費に加え、施工費や諸経費などで15000~30000円程度はかかります。枚数が増えるとその分割安にはなるでしょう。
そして重要なことですが、最近はネット動画などで瓦の差し替えなどのDIY映像なども多く見られますが、危険を伴う上、技術を必要とする分野ですので、施工方法や仕上がり、その後のトラブル防止のためにも専門の職人が所属するプロに任せることをおすすめいたします。
築年数やメンテナンス履歴などをしっかり施工店に伝え、適切なアドバイスや点検をしてもらいましょう!

●防水シート
屋根は、野地板(のじいた)、防水シート、屋根という構造になっており、野地板には合板やコンパネが使われていることが多いです。日本家屋や古い建物の場合は土が敷かれていることもあります。これは“土葺き工法”と言われ、昔は主流でしたが現在はあまり見られません。防水シートはルーフィングとも呼ばれ、主な原料はアスファルトでできており、激しい雨や台風の時には横風などで屋根の隙間から雨水が入ってくるため、その浸入を防ぐために敷かれていて、建物に使用されている柱や梁などが雨水で腐食する被害から守る役割があります。防水シートがあるので、雨水が入っても排水される仕組みになっているのですね。ですので防水シートは屋根材と同じくらいとても重要なことがお分かりいただけたと思います。
防水シートを種類別にみてみましょう!
「ゴムシート防水」
名前の通り、主にゴムを合成したシートになります。屋根に貼る場合は、接着剤を使い施工します。メリットとしては、柔らかく屋根の形状や地域に関わらず使用でき、価格も安いことがあげられ、施工日数が短いというのもメリットのひとつです。耐用年数は12年程度ですので定期的なメンテナンスは欠かせません。また、ゴム製のため破損しやすいことがデメリットとなります。特に尖ったものや金属などが触れると破れることがあり注意が必要です。
「塩化ビニールシート」
塩化ビニール樹脂を合成して作られたもので、機械で固定します。屋根の形によっては施工が難しくなる場合がありますが、防水機能は優れているのが特徴です。塩化ビニールシートはゴム製のものより耐用年数は長く、15~20年程度で、一般的な施工費用は1㎡あたり約4000~6000円くらいになります。

その他に、アスファルトを合成した「アスファルトルーフィング」、アスファルトやゴム、合成樹脂を混ぜて作られ、防水機能が高く高温や低温にも強い「改質アスファルトルーフィング」、合成繊維をもとに作られ、防水機能に加え浸透性も高い「高分子系ルーフィング」、寿命が長く接着性と防水性がいい「粘着ルーフィング」、ゴムアスファルトと不織布を合わせた「基材不織布ルーフィング」、ポリエチレンの不織布で、建物に溜まった水蒸気を排気させることができるが、他のルーフィングに比べ防水性は弱めの「透湿ルーフィング」など様々な種類があります。それぞれの建材や形、予算などを考慮して最適なものを選ぶ必要がありますので、安いからと安易に決めずに専門業者に相談し、メリットとデメリット、効能などをしっかりヒアリングしてから施工することをおすすめします。

●谷板金
谷板金とは屋根の谷部分に設置されている板金のことで、雨水を排水するために大切なものです。谷の部分は隙間ができることから、雨漏り発生のリスクが高いため、そこからの雨漏りの事例は多いです。
谷板金は屋根の形によって、あるかないかがほぼ決まりますが、平らな陸屋根を除き、屋根のある建物なら谷板金がある可能性があるのです。建物の一部に凹んだところがある場合は、谷板金がある可能性が高いです(入隅)。屋根なのでなかなか目で見て確認することは難しいですが。谷板金は谷樋と呼ばれることもあり、雨樋と同じ機能を持っているとお考えいただくと分かりやすいかと思います。
雨が降ると雨水を集め、横樋や竪樋へ流し排出させるための通り道のような機能を持ちます。
そのため痛みやすく、点検とメンテナンスが欠かせない部分になります。もちろん下には防水シートがありますが、他の材料と同じく劣化しますので谷板金の交換と一緒に防水シートも新しくする必要があるでしょう。
最近のものはガルバリウム鋼板製が多いですが、さびにくいと言われるガルバリウム鋼板でも経年劣化により錆びることはあります。錆が進行すると穴が開きますのでそこから雨水が浸入して雨漏りが起こります。屋根を防水塗装する際は、この谷板金も塗装しますので、錆を防ぎ防水機能が復活しますので安心です。また、樋同様に谷板金もいろいろなものが集まる場所ということもあり、ゴミや泥が溜まって溢れると屋根と谷板金の隙間に雨が入り雨漏りの原因となりますので定期的なメンテナンスが欠かせません。
谷板金の錆びや穴あきなどが起こった場合は部分補修も可能ですが、おすすめは全て交換する工事です。たまにご自身でコーキング剤などを使い補修される方もいますが、屋根には必要な隙間というのもありますので、知識がない人が補修するとかえって状況が悪化する場合も多いので信頼できる専門業者に任せましょう!
材料は種類によって異なりますが、注意が必要なのは、谷板金の交換工事は瓦の場合には、工事に必要な部分のみ取り外し、張り替え後は元に戻すことが可能ですが、その他の屋根材の場合は面ごと取り外す必要があり、1カ所の張り替えで両側の屋根の取り外しをしなくてはいけないので、その分人件費が必要になります。
施工費用は1mあたり4000~13000円となり、材質などりより変動します。和風建築には銅製の谷板金が取り付けられていることが多く耐用年数も長いと言われていますが、20~30年程度で穴が開くこともありますので、きちんと診断してもらい、劣化が見られたら、雨漏りになる前にメンテナンスをすることが大切ですね!

●葺き替え
では最後に、屋根の葺き替えについてになります。屋根の劣化は見られるが下地や防水シートは痛んでいない場合は痛んだ屋根の上に新しい屋根を重ね葺きをする「カバー工法」という方法もありますが、様々な原因で雨漏りが発生した場合に、一番効果的で、なおかつ長持ちするのが葺き替えになります。屋根を丸ごと新しくするので施工後数十年は安心です。ただ、それ故に費用が高額になりますので躊躇される方が多いです。
屋根の葺き替えが必要となる事例
・瓦のひび割れやカケが多く広い範囲に及んでいる
・屋根の防水機能が落ちて水分を含み劣化している
・すでに雨漏りが起こっていて内部の劣化も激しい
などがあげられます。
葺き替えのメリットとしては、先ほども申し上げた通り、建物の寿命が延び、外観も一新されるので見た目も美しくなります。そして、セメント瓦からスレート瓦やガルバリウム鋼板の屋根に葺き替える場合、屋根の重量が減るので耐震効果も期待できる場合があります。またこの葺き替えの場合には、自治体によって補助金が出る地域もありますのでぜひ検討している方は、お住いの市役所などに問い合わせてみましょう!多くの場合は施工前に申請しないと対象外になりますので注意が必要です。
デメリットとしては、既存の屋根材や下地などの処分費やその人件費などを含みますので、やはり費用が高額になるということや施工期間も通常より長くなることなどがあげられますね。この施工期間の間に大雨などが降ると、さらに雨漏りしてしまうリスクもありますので、雨が少なく気候のいい時期にすることがおすすめです!
ここ15年の屋根材料の出荷数を見てみると、カラーベストなどのスレート瓦は減少し、ガルバリウム鋼板などの金属屋根が伸びているようです。地震が多い日本では住宅の軽量化が推奨され、耐震性の高い住宅が求められているからだと思われます。また日本瓦よりも施工費用が安く済みますのでその点も魅力的ですね。日本瓦のような粘土瓦は耐用年数が長く、昔から日本家屋では必須の屋根でしたが葺き替えるとなると1㎡あたり8000~12000~円とその費用も高額です。
一方、カラーベストなどのスレート瓦が1㎡あたり4500~8000円と安価に施工でき、瓦に比べて軽いのでいいのですが、デメリットは耐用年数が20~25年と瓦よりは短いので10年経過後は防水塗装が必要になってきます。
近年人気のガルバリウム鋼板の屋根は錆びにくく軽量なので耐震性をあげるにはぴったりの屋根材かもしれません。ただ、こちらも耐用年数が30年程度で約10年ごとに防水塗装が必要になります。

いかがでしたでしょうか?雨漏りが起こってしまう原因は様々あり、雨漏りの原因を特定し、修理するには、まず専門家による建物の点検が一番重要です。ここでいい加減な点検が行われると、いくらお金をかけても効果が得られません。すでに雨漏りが発生した場合は、早めに対処することが大切ですが、焦って大きな失敗は避けたいものです!そのためにも日頃からの定期点検や詳しい診断を専門家に依頼し、建物の状態をチェックすることが大切です!

最後になりましたが、株式会社絆、プロタイムズ丸亀店、プロタイムズ坂出店では外壁診断、お見積も無料です!
気になることは、些細なことでもぜひお気軽にお問い合わせください!

ショールームでは外壁材や屋根材の模型、カラーパネルなどもご用意しておりますので塗装後のイメージもしやすいかと思います。ぜひ一度ご来店くださいね!
カラーベストサンプル

坂出市の外壁塗装は、口コミ評判が高い外壁塗装・屋根塗装専門店 絆、(プロタイムス坂出店)へ

施工事例はこちらから!

☆お電話でのお問い合わせ☆

0120-802-407

株式会社絆
プロタイムズ丸亀店・プロタイムズ坂出店
電話受付時間 8:30~18:30 年中無休

記事担当〈プロタイムズ坂出店:森川〉

代表からのメッセージ

株式会社絆

代表取締役脇 歩実

ホームページを見てくださりありがとうございます。
株式会社絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。その中でも外壁屋根塗装に特化した会社です。

「絆さんに頼んでよかった」「いい工事が出来た」と工事が終わった後お客様からお声をかけてもらえる事にすごくやりがいを感じています。

施工した物件の近くをたまたまに通った時に綺麗なままのお家や建物を見ると嬉しく感じ工事をした当時を思い出し励みになります。
私自身生まれ育ったお家が綺麗になり感動した1人です。「家が息を吹き返したみたい」と母がすごく喜んでくれた事を鮮明に覚えてます。
その感動を施工を通じてお客様に届けたいと言う気持ちでお仕事させてもらってます。

・今から住み続けるお家をきれいに長持ちさせたい。
・だいぶ古くなり傷んだのできれいにしたい。
・次の世代に残してあげたい。
等お客様の「想い」に全力で応え地域の皆様と信頼関係を築き末永くお付き合いさせ頂けたらと思います。まずは相談、診断、見積もりと言った無料のお仕事から絆のお仕事、人柄や態度等を見てもらえれば幸いです。

社員一同今の現状に満足せず成長、進化し更に良いサービスを提供出来る様精進して参りますので今後ともよろしくお願いします。

皆様のお越しをお待ちしております!!

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ丸亀店

    〒763-0093 香川県丸亀市郡家町3424
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 8:30~18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    • 外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店 アクセスマップ
    外壁塗装・屋根・雨漏り専門 プロタイムズ坂出店

    〒762-0006 香川県坂出市旭町3丁目7-8
    フリーダイヤル:0120-802-427
    TEL:0877-43-6411
    FAX:0877-43-6411
    営業時間 9:30〜18:30(年中無休)

    ショールームについて詳しくはコチラ

  • 高松本社・お客様センター

    • 高松本社・お客様センター
    • 高松本社・お客様センター
    高松本社・お客様センター アクセスマップ
    高松本社・お客様センター

    〒760-0023 高松市寿町2-2-10プライムビル 4F

    ショールームについて詳しくはコチラ

外壁塗装・屋根塗装工事 対応エリア

エリア地図
香川県丸亀市・坂出市・善通寺市を中心に地域密着対応!お気軽にお問い合わせ下さい!

丸亀市・坂出市・善通寺市・まんのう町・琴平町・宇多津町・多度津町

※営業エリア外のお客様でも柔軟に対応いたしますのでお気軽にご相談ください。

  • 絆が選ばれる5つの理由
  • 屋根・外壁塗装価格表
  • 絆の無料建物診断・お見積り

地域密着の外壁屋根専門店です

絆は「人と人との繋がりを大切にする」をモットーに坂出市、丸亀市、善通寺市等中讃地区を中心に活動している外壁屋根専門のリフォーム会社です。

  • 見積無料
  • 相談無料

まずは相談してみる

0120-802-427電話受付時間 8:30~18:30 年中無休

現場ブログ

スタッフ紹介

丸亀市・坂出市・善通寺市の
塗装は私達にお任せ下さい!