スタッフブログ

外壁塗装と屋根塗装を同時に行った時の費用相場を解説!

  • お役立ち情報
株式会社 絆

外壁塗装や屋根塗装は家に住み続ける間、定期的に行わなければなりません。
その費用も大きな出費になりますよね。
残念ながら塗装会社の中には、塗装工事に見合わない高い費用を請求する会社も存在します。
正しい知識を持って、適切な料金で塗装してもらえる会社を選びましょう。

 

□外壁塗装+屋根塗装の費用

外壁塗装と屋根塗装を合わせて行った時の費用相場を坪数ごとにみていきましょう。
これらには足場代、洗浄、養生、付帯物塗装代も全て含んでいます。

外壁塗装の費用相場は以下の通りです。

・20坪 60~120万円
・30坪 80~140万円
・40坪 90~150万円
・50坪 110~170万円

外壁塗装と屋根塗装を同時に行った場合の費用相場は以下の通りです。

・20坪 90~150万円
・30坪 110~179万円
・40坪 120~180万円
・50坪 140~200万円

費用は、家の大きさや使用する塗料のグレードによって変わります。

 

□外壁塗装と屋根塗装の費用内訳

内訳は以下の通りになります。

・材料費:25%
塗料、養生シート、飛散防止ネット、サイディングボード、シーリング材が含まれます。
塗料によって値段が変わります。

・人件費:40%
人件費は、塗装職人が作業を行うための費用です。
見積書の塗料の単価には、材料費に加えて人件費も含まれています。

・足場代:15%
塗装するのに必要な足場を組むのに必要な費用です。
足場の設置は塗装の際に必要になる工程です。
足場代の単価を上げる会社や足場代を無料にする会社も見られます。

しかし、足場材や人件費を要するため足場代を無料にするのは難しいことです。
足場を無料にする会社は、塗料の単価が高かったり、他の項目に上乗せしたりしている可能性があります。
足場代は適正な価格である必要があるのです。

・その他の工事料金:20%
他にも、ひびが入っている場合は下地調整やクラック処理に費用が掛かります。
また、コロニアル屋根やカラーベスト屋根は、縁切りと呼ばれる作業が必要です。
縁切りとは、屋根材同士の繫ぎ目を塗料でふさがないよう、隙間を作る作業です。

また、作業に付随するものや塗料、運搬費、移動費、塗装工事で出た廃材の処分にも費用が掛かっています。

 

□まとめ

外壁塗装や屋根塗装は大きな費用がかかります。
費用相場やその内訳を知っておくことで、異常な料金を請求してくる会社への依頼を防げます。
納得できる見積書を出してもらえる会社に依頼するようにしましょう。

トップへ戻る